18: 名無しさん@おーぷん 2018/01/22(月)14:12:22 ID:pP9
自分と兄弟のように育ったいとこの話。

いとこは真面目で仕事もできて家庭も大切にする、非の打ち所のない人間だった。
だが、いとこの元妻は不倫にハマり、いとこと離婚。
元妻は子供の親権も奪った上でその不倫相手と結婚した。

いとこは元妻・不倫相手の双方からきっちりと慰謝料を貰ったが、
「養育費は子供の権利だから」
と、毎月十分な額を送金していた。
しかし、元妻は当然のように子供に会わせなかった。
いとこは何度も
「子供に会わせて欲しい」
と元妻に訴えていたのだが、
「子供が会いたがらないから」
と元妻は拒否していた。




元妻、子供に
「(いとこ)が不倫をしたために離婚をした」
と伝えていたようで、子供が二十歳の誕生日を迎えた時に、いとこに対する恨みつらみと
「これでもう縁が切れる事を嬉しく思う」
といった内容の手紙が届いた。
そこからいとこの落ち込みようは酷いものだった。
家族や友人達の支えがあって、数年経っていとこはようやく落ち着きを取り戻した。

それから程なくして、いとこの元へ突然子供が訪ねてきた。
なんでも交際相手がそれなりのお家柄だったらしく、身辺調査をされた結果、元妻の不倫が明るみに出てしまい、
「そんな母親のいる家の人間とは付き合えない」
となったそうだ。
いとこ子供はそこで初めて真実を知り、慌てていとこの元へ謝罪に訪れたらしい。

だがいとこは、
「一方の話だけを鵜呑みにし、もう一方と対話しようともしなかった事のツケが回ってきただけだ。
何も分からない子供の頃ならいざ知らず、成人して縁が切れると喜んで、そこから何一つ視野を広げようとしなかったお前の自業自得だ。
それは、自分に謝ったからといって帳消しになるわけではない。
手紙に書いていた通り、もうお前とは縁が切れたのだから、謝る必要も無い」

と一蹴。
途中まで泣いてすがっていたいとこ子供だったが、いとこの態度が軟化しないと分かるやいなやいとこを罵倒し始めた。
それを見たいとこ、
「不倫が明るみになった時の(元妻)とそっくりだ、さすがは血の繋がった親子だな」
と鼻で笑った。
それを聞いたいとこ子供、顔を真っ赤にしてぷるぷると震えながら逃げ出すように立ち去っていった。

ここからは伝聞だが、いとこ元妻と不倫相手はいとこ子供の縁談がダメになった事で急速に険悪なムードになり、現在離婚調停中らしい。
いとこ子供は何故か身辺調査の結果が職場や友人達に知られて、白い目で見られているとの事。

身辺調査らしき人物が偶然自分の所へ訪ねてきた時、
いとこの離婚の経緯だけじゃなくていとこ子供からの手紙の存在をうっかり漏らしたのがちょっとまずかったかもしれない。
でも手紙の件がなくても親が不倫して尚且つその不倫した側に育てられた子って事だけでも分かった時点でアウトだっただろうから、あんまり気に病むこともないかな。



Mother's Blood