941: 名無しさん@おーぷん 2018/01/14(日)06:01:32 ID:7Nb
おはようございます。
日本を発つので厄落としにきました。

当方、同性愛者。
ついでにアラフォー。
毒親と毒親族が出てきて、なおかつレ〇プがある内容なので、気色悪いと感じる方は回避してください。
長い上に胸糞で、ほとんどが自分語りです。
まとまりもありません。


子供の時の経験から男性がダメになった。
私が男嫌いになった背景は父親。
幼い頃から私は発育がよく、小学4年になるころには160cmを越えていて、バストもDより↑だった。
こう書くと「自慢乙」ってここの人たちは言いそうだけど、問題はそんな発育のいい娘にブラも買い与えない親だった。
「小学生が色気づくな」
と、「買ってくれ」と訴えるたびに殴られた。
父親の中ではブラは大人の女がするものっていう謎認識があったのか、それとも人よりも早く大人の体になっていく娘が受け入れられなかったのか、私に女の部分を見つけるたびに暴言を浴びせてきた。
「将来はロクな大人にならない」「お前は体を売って暮らすようになる」「男に媚びを売るな」
具体的には上記の内容。

母親は父親の顔色をうかがうばかりで味方にはなってくれず、発育がいいってことは成長が早いってことだからすぐに服が小さくなって着られなくなるんだけど、
「買ったばかりだろう、色気づくな」
と買ってくれなかった。

私服はぶかぶかを着ていたんだけど、私が通っていた小学校は制服だった。
胸が大きい人はわかると思うけど、ブラウスの谷間に隙間ができるんだよね。インナーを着ておけと思うかもしれないけど、ただでさえサイズの合わない小さいブラウスを無理に着ているからインナー分の余裕なんてなくて、猫背になって胸を隠して歩く癖がついた。
無理やり着たブラウスが窮屈過ぎて学校でボタンがはじけ飛んだ時はトイレに立てこもって泣いた。
見ていた男の子たちは笑うし、女の子たちも
「ブラ買ってもらわないからだよ」
とか
「好きで出しているんでしょう?」
って冷たかったし。
冬服はそれでもブレザーがある分マシだった。

一番つらかったのは夏。
どうにか胸を隠したくてラップで胸をぐるぐる巻きにして登校してた。体操服でいることを認めてくれたから、サイズの小さい夏用ブラウスよりマシで、体操服で過ごしていた。
ただでさえ暑いのに、ラップなんか巻いているから脱水起こしてぶっ倒れた。
母親は脱水で倒れた娘に
「ラップの無駄遣いをするな」
と怒った。
論点そこかよ、と今なら思う。

担任も保険医も何度も「ブラを買え」と親に言ってくれたけど、私がブラを買ってもらえることはなかった。
そんな私を見かねた近所のお姉さん(当時高校生)が自分のお下がりをくれたことがあった。
胸のサイズが全然あってなかったからホックがとまらなかったけど、自分でゴムを買って来て胸囲を補正してつけた。
でも父親はそれを
「小学生が色気づいた」
としか思わなくて、従姉(※編注:上記“近所のお姉さん”のこと?)からもらったブラはすべてゴミ箱行き。

毎日男の視線が痛かった。
顔だけは子供なんだけど、「そのギャップが」どうとかこうとかスケベ目的の男は頻繁に出没した。
これも自慢だと思われそうだけど、この手の言葉はそっくりそのまま私の地雷。
物陰や車に連れ込まれそうになったり、いきなり「〇万でやらせろ」って言われたり日常茶飯事だったし。

父親は私がブラをするのも許さなかったけど、ムダ毛の処理も許さなかった。
女の子が足や脇の毛を処理するのは当たり前だと思うけど、やると暴言付きで体罰がくるからできなかった。
結局そのころから年中ぼーぼーにしていた。

そんななか、父方の祖母が亡くなった。
家族で通夜に出席して、祖母宅に泊めてもらっていた時に伯父の一人にレ〇プされた。
全身ボロボロの私に、親族が寄越した言葉は冷たかった。
「ブラもしないで男を誘っておいて」「あんたが誘ったんだろう」「小学生のくせに一丁前に男を誘うなんてねぇ」
こんな言葉を浴びせられている娘を、父親は庇わなかった。
自分がブラを買い与えようとしなかったことは言わず、
「俺もあいつには困っているんだ」
とほざいたのを今でもよく覚えている。
多分一生忘れられない。

私に優しい言葉をくれたのは3つ下の弟だけだった。
「お姉ちゃん大丈夫?」
って。
祖母の出棺を見送らず、朝一で弟と二人で電車に乗って家に帰った。
これも祖母の見送りもしないダメ姉弟だと親族から責められたらしく、内弁慶な父親は帰宅するなり私たちを殴った。
レ〇プされたこともトラウマになったけど、その頃にはもう生理があったから、
(赤ちゃんできたらどうしよう)
って死ぬほど怖かった。
誰にも相談できないまま病院にも行くことも考えつかずに毎日怯えていた。




942: 名無しさん@おーぷん 2018/01/14(日)06:02:27 ID:7Nb
この父親は中学に入ると、今までとは逆に
「女の子らしくしろ」
と言うようになった。
散々私の女の子の部分を潰しておいて、二言目には
「女の子なんだから」
と繰り返す両親が滑稽だった。

両親の言うことに逆らって、私は年中ぼーぼーで過ごした。
髪も梳かさなかったしヒゲもそらず、眉毛もつなげたまま歩いた。
内心は苦痛だったけど、男の視線がすべて汚く思えてこうするのが身を守る方法だと思っていた。
スケベ目的の男の視線が、一気に汚物を見る視線に変わったけど、
ヤリマン扱いされるくらいならゴミ扱いされるほうがマシだった。
今にして思えば、全部が全部そういうスケベ目的の視線ではなかったんだろうけど、当時の私には区別なんてつかなかったし、
(この世から男は消えてしまえ)
と本気で思っていた。

これで成績が悪かったらイジメの的にされたと思うけど、この頃には親を進学のためのATMだと思うようになっていたから、必死で勉強して成績はトップを維持していて表立ったイジメはなかった。
見た目がぼーぼーで根暗だったけど、やられたら頭を使った仕返しをするタイプだったから、標的にされかけたことはあったけどすぐに的から外された。
ただ、こんな姉を持ったせいで弟がイジメられた。
「あんなホームレスみたいな姉ちゃんキモイ」
って。
それだけは申し訳なかったと思ってる。

高校・大学は女子校に行った。
あえて県外を受験して家から出た。
親は私を
「年頃になっても女の子らしくしない基地」
だと思っていたから寮に入るのはむしろ歓迎された。
女子校でやっと女の子の自分を受け入れられた。
周りに女しかいないから身綺麗にしていても男の視線はないし、おしゃれしたり学校に隠れてこっそり化粧したり、その年の子が楽しむ女の子らしいことをやった。

でも恋愛だけはできなかった。
私の恋愛のセンサーは同性にしか作動しないことにそのころに自覚した。
初恋は普通に近所のお兄さんだったから、小学生時代の修羅場が原因だと思う。

高校、大学通して7年家に帰らなかった。
親はATMとして優秀だったのでバイトもせずに好きなだけ金を使った。
親なりに私にした仕打ちを後悔したのかもしれないけど、
私にとっては今更だった。
弟によく
「どうしてあんな風になったのか」
って言っていたらしい。
適当に聞き流して私同様、親を学費のATM扱いした弟は、残高がすっからかんになるまで使い果たしてから家を出た。
そこそこ裕福な家庭だったけど資産家ってわけじゃないから、姉弟そろって高校大学私立で留学までさせるのに血反吐を吐いたと思う。

943: 名無しさん@おーぷん 2018/01/14(日)06:07:17 ID:7Nb
そのおかげで私と弟は今では海外暮らし。
弟は自分が結婚した時も、両親と親族を結婚式に呼ばなかった。

事前に弟から
「結婚を決めた彼女がいる。
あの親と親族がどんな奴らか知っておいてもらうために昔のことを説明してもいいか?」

と聞かれたので、
「包み隠さず話せ」
と言った。
「遠慮なんかしてあの親族と親と変なつながりができて、将来お嫁さんと娘が私と同じ目に遭ったらどうするんだ」
と。
ブラしていないってだけで姪に発情する伯父がいて、内弁慶で親族に逆らえない父親がいるのに、ハーフのお嫁さんを見せたらどうなるかなんて考えたくもない。

事情説明の後、弟はさっくり現地で結婚した。
弟は結婚したことも、子供が生まれたことも、父方祖父の葬儀の時まで明かさなかった。
地元には葬儀の後に参列者を自宅に招いて宴席を設ける風習があるんだけど、その宴席の時に投下した。
毒親だけど子供に愛情は人並みにあるらしく、両親とも知らせがなかったことに発狂するレベルで嘆いた。
でも私も弟も払ってもらった学費は慰謝料だと思っているんで、薄情だと批判される覚悟で書くけど、
二人が老後に孤独死しようとどうでもいい。

例の伯父が祖父と同居の長男で喪主だった。
ちょうど伯父の息子の結婚が決まった矢先の訃報だったようで、お相手のお嬢さんも両親と同席していた。
地元の名士の娘さんを射止めて逆玉の輿だったみたいで、通夜の時から喪主業そっちのけで鼻高々だった。
だからその鼻をへし折ってやろうと思った。

“従弟(伯父の息子)には恨みはないけど、姪をレ〇プするようなウトや、レ〇プ魔を庇うような毒親族がいる家に嫁いだらその娘さんだって危ない”
って言うのは後付け。
祖母の通夜の夜のことだったから、その時にいた面子は多少欠けた(没)けど同席しているわけで、とっくに忘れたと思っていた記憶が一気に蘇ってきて吐きそうになったし。
両親としては、弟が結婚していたことを話さなかったことや私が独身だってことで肩身が狭かったみたい。
母から
「あんたはいい年なのに結婚もしないで。女の子らしくしなかったから…」
って言いだしたからとぼけた顔で言ってやった。

「結婚できるわけないじゃん。
あたしレズよ?
子供の頃にあんなことがあってから男に近寄られると身の毛がよだつようになっちゃって」


空気が凍るって表現が小説とかでたまにあるけど、多分あんな感じ。
突然のカミングアウトの話題をそらそうとしたのか、弟に結婚したことや孫のことを根掘り葉掘りしようとしたから今度は弟が言った。
「誰が教えるか。
大事な嫁と娘を傷物にされたらたまらん。
姉がなんであんな目に遭ったか、考えたことあるのか?」

って。
「〇カップある女の子にブラも買い与えずに野郎の餌食にした挙句に、ばーさんの葬儀の時に自分の兄にレ〇プされた娘を庇うどころか、一緒になって淫売呼ばわりする親だからねー。
お嫁ちゃんと姪っ子まで私の二の舞をさせるわけにはいかないよね」

その伯父もそこにいたからあえて顔を見て言ってやった。

944: 名無しさん@おーぷん 2018/01/14(日)06:07:24 ID:7Nb
親族はまさか私たちが暴露するとは思ってなかったみたい。
半数以上が酔いの醒めた顔でギョッとしていた。
酒乱傾向のある親族が、
「そんな昔のことを!!」
って言語崩壊しながらつかみかかってきて自爆。
自分で認めた。

当たり前だけど「どういうことだ」って話になって、
小学生の時に祖母が亡くなった時に、まさにこの家でその伯父にレ〇プされて、その伯父嫁に風呂場に引きずって行かれて
「人の夫をたぶらかしてこのメス豚」
って怒鳴られながら頭から水ぶっかけられたことや、親族総出で私を淫売扱いしてくれたことを暴露しておいた。

「私の弟は、だから自分が結婚したことも娘が生まれたことも身内に明かしませんでした。
同じ轍を踏ませるわけにはいきませんから。
娘さんを嫁がせるのなら、娘さんとお孫さんが将来私と同じ目に遭うかもしれませんけど、その覚悟で送り出してください」

文章で書くと冷静に言っているように見えるかもしれないけど、実際はあの時のことを思い出しながらだったから号泣してた。
ごまかそうとする親族を地元の名士さんが黙らせて、一連をご夫婦で辛抱強く聞いてくれた。
娘さんはショックだったのか泣いていたけど、従弟は呆然とするばかりで
「情けないヤツだ」
と弟が後で怒っていた。

伯父嫁が
「私たちに何の恨みがあるんだ。そんな昔のことを!」
って喚いたけど、
恨まれてないと思っていたのなら逆におめでたい。
ぶっちゃけ、私たち姉弟は復讐するためだけに海外から飛んで来たんだけど。

地元の名士さんと一緒にその場を離れたから身の危険はなかった。
そのまま空港近くのホテルに入って、眠れなくて今書き込んでる。
何度も書き直したけど、結局短くまとめきれなかった。
貫徹で飛行機に乗ることになりそうだ。
連絡先は携帯に限っているから両親も親族も私たちが海外で暮らしていることは知らない。

結婚が白紙になった従弟には一応謝ったけど、うちの弟同様、
「一生お嫁さんを親とこの親族から守る覚悟がないなら結婚はするな」
って言っておいた。
「あんたは小さかったから覚えてないだろうけど、あの時あんたは私を見て『死体みたいだ』って言ったよ。
私を死体にしたのはあんたの父親なの。
自分のお嫁さんと子供が同じ目に遭うかもしれないってことだけは忘れないで」

ちゃんと日本語で言ったんだけど、通じたかどうかはわからない。
通じていると思いたい。


長々とつまらないうえに胸糞の悪い話を書いてしまいすみませんでした。
もう日本には戻ってこないと思うので、厄払いを兼ねて書き込みました。



平成27年度【秋期】応用情報技術者 パーフェクトラーニング過去問題集 (情報処理技術者試験)