895: 名無しさん@おーぷん 2018/01/02(火)18:35:11 ID:nkc
俺の通っていた小学校が、ある時から建物から敷地内に至るまで全面禁煙になった。

当然小学生は煙草吸わないし、学校で煙草吸う教師も元々いなかったから、特に問題はなかった。
問題があったは、規制が施行されてから最初の運動会で父兄が集まった時だった。
でも、大抵の父兄は規則云々以前に小学校で煙草なんか吸おうともしない(うちの親はそうだった)。
吸った親も、教師に叱られればすぐさま止めていた。

だけど中にはどうしようもないアホもいた。
喫煙を咎めた教師に逆ギレする奴はまだマシ。
他にも色々変なのはいたかも知れないが、俺が実際に目撃したおっさんより酷いのは流石にいなかったと思う。

そのおっさん、見た目はガリガリでヒョロヒョロのリーマン風だったが、
「じゃあ門の前なら吸ってもええんやな!」
と、少し離れた場所にいた俺にまで聞こえる大声で叫んで石を蹴りながら校外に脱出していった。
後でチラッと様子を見に行くと、おっさんは校門の前に突っ立って喫煙していた。




それだけならまだしも、
おっさんはわざわざ口をすぼめて首を動かして煙を校内に向けて吹き掛けていた。
俺は
(こんな大人がおるんか…)
ってびっくりした。
子供の運動会に来て子供を見もせず一人で門の外で下らない嫌がらせしてるおっさんの姿…。
子供ながら不快感より憐れみを感じた。

弁当の時間、当時の友人と一緒に門の近くに行くとおっさんはまだ煙草を吸っていた。
「食道がん!」
「肺がん!」
「気管支炎!」
「脳卒中!」
保険の授業で習いたての煙草の害を、三人でおっさんに向かってひたすら叫んでやった。
もちろん
「なんじゃおらぁ!!!」
って怒鳴られた。
でも怖くはなかった。
距離もあったし逃げ切る自信はあった。
そのまま
「心臓病!」
「肝臓がん!」
「早産!」
とひたすら捲し立てまくった。
おっさんが門の中に入ってきそうな挙動を見せたところで三人バラバラにダッシュで撤退した。

弁当の時間が終った後に俺含めて三人ともちゃんと席に戻ってきたから、誰もおっさんには捕まらなかったんだと思う。
その後、トイレのふりして30分くらい後にこっそり見に行くと、もうおっさんはいなかった。



刑事マルティン・ベック 煙に消えた男 (角川文庫)