887: 名無しさん@おーぷん 2018/01/01(月)11:33:08 ID:LTp
親戚に介護問題が持ち上がって思いだした話。
色々めっちゃボカすね、ごめん。


Aくんという同級生が近所に住んでた。
すごく評判のいい男の子だった。
AくんにはBさんという彼女がいた。
どっちも当時20歳前後と思って下さい。

Aくんには要介護のおばあちゃんがいた。
とても祖母思いの子と評判のAくんは、いつもBさんと介護に通ってた。
おばあちゃんは長男夫婦(Aくんから見て伯父夫婦)と同居だったけど、Aくんが言うには伯母さんはおばあちゃんを邪険に扱うんだそうだった。
AくんとBさんは毎週末おばあちゃんのとこに通ってた。

でもある時、Bさんがおばあちゃんを持ち上げた時に腰を痛めた。
Bさんはおばあちゃんの介護ができなくなり、周囲は
「大事な時にAくんの力になってやれないなんて」
と、Bさんを
「使えない女」
だと責めた。

私は
(Bさんは悪くないんじゃ…)
と思ったけど、周囲がみんな
「Aくんとおばあちゃん可哀想」
だったから言えなかった。




AくんはBさんと別れた。
Bさんは
「おばあちゃんを見捨てた」
とその後も皆に責められたっぽく、鬱になって引っ越して行ってしまった。

その後、Bさんが来なくなっておばあちゃんは見る見る元気がなくなった。
「おばあちゃんもう駄目かも」ってなった時、
「会いに来てやって」
と私はAくんの伯母さんに言われた。
子供の頃はよくAくんちに遊びに行って、おばあちゃんからお菓子もらったりしてたから。

おばあちゃんの部屋に入ると、
Aくんが言ってたような不潔さはなくて、褥瘡もなかったしおばあちゃんはよくしてもらってた。
私が入って行くと、おばあちゃんは私とBさんを間違えた。
全然似てないんだけどね。
年齢と背格好だけでBさんに見えたんだと思う。

私はBさんのフリをしておばあちゃんに
「最近来られなくてごめんね」
と言い、
腰を痛めたこと、Aくんに悪評を流されたこと、鬱になったこと、引っ越したこと、Aくんが伯母さんの悪口を言いふらしていることを全部話した。
おばあちゃんは翌年亡くなった。


以下は噂でなんの裏付けもないです。
ただの噂。

おばあちゃんは資産持ちだったらしい。
そして死ぬ前に遺言書を書き換えたらしい。
資産の6割は長男夫婦が相続したらしい。
赤の他人の誰かが2割くらいもらったらしい。
残り2割は知らない
Aくん親は実子だから遺留分?をもらえたけどそれだけらしい。
Aくんは名指しで何か遺言書に書かれたらしくて、それが広まってAくんの評判はそれまでと真逆になった。
何を書かれたか噂はいっぱいあったけど、多分全部デマと思う。

今Aくんは地元にいない。



本当のうそ