819: 名無しさん@おーぷん 2017/10/26(木)17:14:33 ID:4A0
一部フェイクあり。
パート先が業務縮小の為に「次回の契約更新をしない」と、私を含む短時間パートに通達があったのが去年の夏のこと。
その部署が完全になくなるのは今年の7月。
それ以前に更新が来る人は、希望すれば7月までは月契約ってことで雇ってもらえるけど、とにかく7月までで終了ってこと。

その部署のパートさんを管理してる人がAさんって人だった。
Aさんが知り合いのBさんに声を掛けて、私はそのBさんに誘われてBさんとふたり一緒に入社したと言う経緯。
一緒に入社したので更新月も同じで、たまたま7月がその更新月だった。

そのパートは腰痛持ちでアラフィフの私には魅力的な座り仕事だったけど、理由が理由だからあきらめざるをえない。
(この年で座ってできるパートの仕事はなかなか見つからないだろうなぁ~)
と思っていた。




そしたら9月になってAさんから直接電話があって、
「もしまだ次のパートが決まっていないなら戻らないか」
と言われた。
なんでも別の部署で突然辞めた人がいたらしくて、
「その人の代わりに良かったら来てほしい」
との話。
即答で受けた。

で、たぶんここまで読んでその後の展開はお察しだろうと思うけど。
再び勤め始めてしばらく経ってBさんの耳に私が再雇用されたことが知れて、うちに乗り込んでこられた。
「Aさんは自分の知り合いなのに何なのよ!」
って言われた。

それは確かにその通り。
気持ちは分からなくもない。
Bさんが誘ってくれた職場だし、Aさんは元々Bさんの知り合いなのにBさんではなく私に声がかかったのは納得できなかったんだろうと思う。
私もBさんには
(なんとなく悪いなー)
って気持ちはあった。

でも再雇用された後に聞いた話では、最後の数日のBさんの仕事ぶりはかなり酷かったらしい。
「この後ミスが発覚したところでどうでもいいみたいなふうだった」
って。
「デスクの上は自分が飲んだコーヒーカップの丸い汚れがいくつもそのままで、ロッカーの中もゴミ袋を放り込んだままだった」
って。
「他の人たちがみんな立つ鳥跡を濁さずで辞めていったからすごく目立った」
って。
そんな辞め方した会社に未練があったにしても、自分がどんな辞め方したか思い起こせば、私なら「誘われても穴があったら入るから埋めてくれ~」
ってぐらい恥ずかしい行いだ。

Bさんからは
「飼い犬に手をかまれた気分やわ」
って言われたけど、
私はBさんの犬になったつもりは一度もない。
この職場に誘ってくれたことは今でも感謝はしてるけど、もう本当にそれだけになってしまった。



だから何なんだ