625: 名無しさん@おーぷん 2017/10/10(火)15:39:03 ID:mEi
仕返しというつもりでやったわけではないが、結果そうなったって感じの話しです。


私の地元には昔から行きつけのお店(飲食系以下A店)があった。
家族で経営している小さい店舗だったけど、とにかく料理が美味しい。
特にソースが独特で、真似できない美味しさだったからこそ地元では人気だった。
我が家も誕生日など特別な日には、必ずA店を利用して食事を楽しんでいた。

が、A店がTV番組に取り上げられてから変わってしまった。

ちょっと有名な番組だった事もあって、あっと言う間に県外など遠くからもお客が来るようになった。
私達は地元でずっと愛してたから繁盛して嬉しかったんだよ。
で、いつものように特別な日に行ってみたら、噂以上に大盛況だった。
予約などはできず、ただひたすら待つ事1時間。
「有名になって嬉しいけど、ここまでとはすごいねー」
なんて家族と話してた。




そしてようやく我が家の順番になった。
が、A店のおかみさん(超顔なじみ)が我が家をみて一言、
「昔から食べてるんだら、混んでる時は遠慮してくれないか」
…ビックリして言葉が出なかった。

我が家は家族でいつも食べに行くんだが、人数が多少なりとも多い。
“他のお客を入れたいから(我が家)は帰れ”
ってことを言われたのが凄くショックだった。
A店の店長と私の父親は小学生からの知り合いだったけど、
「そういうなら分かった」
と、父はお店に入らず踵を返してしまった。
母親や私達はなにも言えず、ただただなんでこんな事を言われなくてはいけないのかと悔しかった。

しかし父親はそのまま家に帰るのではなく、別のお店へ向かった。
そこはA店の店長が修行した本店。
私達は忘れていたが、A店の特別なソースを初めて作ったのはここの本店の店長だった。
(家からはA店の方が近いけど、今後は本店に行けばいいや)
と、その日は本店で食事をして満足して帰った。

それから数ヶ月後。
A店から
「何故最近お店にこないのか」
と連絡があった。
父は
「『遠慮してくれ』と言われたらもう行けない、大丈夫本店にいってるから」
といって電話を切っていた。

A店は最初の頃はテレビの影響で人は混んでいたが、それがずっと続きはしなかったよ。
だって地元の人ありきで営業していたような小さいお店なんだから。
後から知ったけど、我が家だけでなく他の地元の人にも同じことをやらかしていたみたい。
すると地元の人はみんな本店を知ってるわけだから、全員そっちへ行くようになったってだけ。
もちろん私は友人にこの話をしていたし、母親や兄弟だって同じに
「こんな事をされた」
って話をするだろう。
そしたら他の人たちも
「我が家もそうだった。もうA店には行くの止めて本店にしよう」
って。
そんな流れが地元民の中で自然におこったみたいだね。
結果としてA店には地元民がまったくいかなくなった。
たまに県外からくる客でA店はどうにか営業している形になった。

A店自ら招いたことだけど、行かなくなった事が仕返しになったのかなって話でした。



コミュニティのちから―“遠慮がちな”ソーシャル・キャピタルの発見