597. 名無しさん 2017年09月26日 22:57 ID:m.e0ZrCu0
やりすぎ復讐です。
ちょっとオカルトかも。
不動産屋に務める兄から聞いた話です。
現場は更地になったんでいいかな。


自宅を売りたいというAさんの話です。
きっかけは、ドッグランでのトラブルだったそうです。
ある女性の犬がAさんの娘さんに飛び付き、ケガをさせてしまったそうです。
かすり傷だったそうですが、Aさんは激怒してしまい、女性に犬を処分するように強く求め、犬を保健所送りにしてしまったそうです。

その後。
犬を失った女性がやった復讐が、
留守中のAさん宅に忍び込み、リビングで自分に包丁を刺して自死。
リビングの床は血まみれだったそうです。




Aさんは損害賠償を求めて弁護士を頼んだそうですが、死んだ女性に身寄りは無く、処分された犬だけが家族だったみたいです。
女性は住まいも賃貸で、財産をほとんど処分してから行動をおこしたらしく、弁護士が頑張ってとってきた金額はたったの12万円。
どうしようもなかったそうです。

「謝罪させるためとはいえ、自宅を教えたのは失敗だった」
と悔いても後の祭り、自慢の自宅は見事に事故物件になりました。

598. 名無しさん 2017年09月26日 23:17 ID:m.e0ZrCu0
続きです。

Aさんは、飼っていた犬の突然死をきっかけに家を売る決心をして、不動産屋を呼んだそうです。
立地や家の規模、こだわって作った子供部屋やらで4,000万近くかかったそうで、築3年。
しかし、そのこだわった子供部屋は正直いって客を選ぶデザイン。
てか、全体的にAさんと趣味が合わないと、ウーンなデザイン。
何より事故物件。

兄と、一緒に来た先輩が出した鑑定額は、500万円。
Aさんは
「安すぎる」
と言ったそうですが、デザインに関する説明と、事故物件は不動産屋にとって不良債権でしかないこと、立地からもしても1,000万円でも買い手がつくかわからんこと、を説明。
最近は、事故物件サイトや事故・事故情報サイト、ご近所からの耳打ちなどですぐに事故物件とバレてしまうそうです。
Aさんは泣く泣く500万円で手打ちとしました。

Aさんはローンも無くなりましたが貯蓄も無くなった状態で、注文戸建て住宅から賃貸に引っ越すことになりました。
ちなみに賃貸の紹介も兄がしました。

その1年後ぐらいに、元Aさん宅はなぜか小火が発生し、リビングの損失が激しいことから、更地になりました。
もしかしたら、ここまでが犬を失った女性の復讐だったかもしれません。



Hounded: Sequel to Blind Truth (Lyn Porter Series Book 3) (English Edition)