593: 名無しさん@おーぷん 2017/09/25(月)16:30:37 ID:ImY
高校生2年のとき、親友だと思ってたやつに彼女を取られた。

しかも
「彼女に暴力を振るっていた」
と嘘の噂を流されて、友達を一気に無くした。
若かったから、それだけで自殺を決意するほど絶望した。
遺書を書こうと思ったけどもみ消されたら嫌だったから、ブログにやられたことと関係者全員の名前と自殺することを書いた。
それから元親友と元彼女がデートに行く日に、その二人の実家に行って親たちに、二人にやられたことを話した。
「ネットに遺書も残していて今から自殺するから」
って言って走って逃げた。




そのまま電車に飛び込もうと思ってたんだけど、
ふと思い立って飛び込もうと思ってた電車に乗った。
辿り着いた大阪で、
(バレるまで遊び倒してやる!それから死んでやる!)
と思った。

速攻補導されるだろうと思ってたけど、なんと二ヶ月も大阪で過ごした。
二日目に履歴書不要のキャバの黒服のバイトに受かって、金と寝床を得たのが大きかったと思う。
大阪のお姉さんは皆芸能人みたいにきれいで、飲み屋でできた兄ちゃんはみな気がよく、そこでの生活は楽しかった。
(なんであんな奴らのせいで死のうと思ってたんだ?)
と不思議に思った。

ある日の昼、千日前通りでふらふら歩いていたところを警察に補導され、実家に戻された。
だが俺の心は晴れやかだった。
逆に元親友と元彼女は、俺の親や手のひらを返した友人たちにバッシングされまくって死人のような顔色をしていた。



死人にグチなし (ミステリー・フォー・ユー)