65: 名無しさん@おーぷん 2017/09/23(土)08:26:37 ID:107

結婚式に参列したら新婦から顔の傷をpgrされて修羅場になった。


中学の時の事故が原因で私の額には傷がある。
メイクと前髪である程度は隠れるけど、傷の場所が眉間に近いことから完璧に隠すことはできない。
両親と祖父母が、女の子の顔に一生ものの傷があることを憂いて整形や皮膚移植にだいぶお金をつぎ込んでくれたんだけど、それでも完全には消えなかった。
思春期のころはそれなりに苦しんだけど、周囲の助けがあったから乗り越えられた。
事故に遭ったのが中三の受験シーズンで退院した時にはもう学年があがっていて、高校進学が一年遅れたけどそれ以外は普通に大学を卒業してOLをやっていたし、ちゃんと恋愛して結婚もした。
今は専業主婦。

ある日、高校時代の友人から結婚式の招待状が届いた。
この友人をYとする。
私が地元を離れてしまったことで直接会うのは地元に戻った時くらいだったけど、私の結婚式にも参列してくれたし、行きたい気持ちのほうが強かった。
でもおめでたい席に顔に傷がある私が行くことで水をさすことになりはしないか心配で、Yに一度電話でその旨を伝えたら、Yが
「そんなこと気にしない。それより直接祝ってくれるほうがうれしい」
と言ってくれたので、喜んで参列させてもらうことにした。
まだ手のかかる子供たちは旦那と同居の良ウトメさんが見てくれることになって、
「小旅行のつもりで行っておいで」
と送り出してくれた。

途中までいいお式だった。
元々美人な花嫁だけどウェディングドレス姿はまた格別にきれいで、優しそうな旦那さん(もう入籍はしていた)と並んでいる姿に感動した。




今思うと『私って能天気なんだなぁ』って思う。
私はひたすら感動していたんだけど、
一緒に参列していた高校時代の友人たちが言うには、Yが時々私のことを忌々しいものを見るみたいな目で睨んでいたんだそうだ。
でも私は気付いていなかったし、注意を促してその場の水を差すわけにもいかないからと友人たちも黙っていたら、Yが自爆した。

Yが大学時代の友人と、私の顔の傷のことや高校進学が遅れたことをあげつらってpgrしはじめた。
小さい声で言っているのならそのグループ内の会話で済んだんだろうけど、Yは少し離れた席に座っている私に聞こえるように言ったものだから、会場内に響き渡った。
途中から
シーン…
って耳が痛くなるような空気になったから余計に声が響いた。

「あんな傷があるのに、よく恥ずかしげもなく参列できたよねー」
「あたしだったらあんな傷があったら恥ずかしくて外に出られないけど、あいつ図太いからwww」
「あいつ、落ちこぼれなんだよ。高校に進学するの遅れてんのwww」
「かわいそうだからお情けで呼んでやったのに、勘違いしちゃって馬鹿だよねwww」
「あいつの旦那、よくあんなのと結婚したよねwwwよっぽどもてない男なんだwww」
「妥協、妥協www」

とまあ、こんな会話を大声で。
新郎が小声で止めようとしていたけど、そのせいかますますムキになってヒートアップしていくのが少し離れた場所にいた私からもわかった。
新婦側だけでなく新郎側の親戚まで大顰蹙を買っていることに、花嫁とそこのグループだけが気づいていない状態。
私は居たたまれなくなって、席を立つべきか聞こえないフリに徹していたほうがいいのか悩んでいたら、
顔を真っ赤にしたY母が鬼の形相で娘に近づいて行ってビンタした。

pgrされていた私が思わず飛び上がるくらい物凄い音だった。
で、一喝。
「あんたって子は!! 〇子さんに謝りなさい!!」
私が
(お母さん、実名報道は勘弁してください…)
って思ってたら、Y父と旦那さんがつかつか私のほうに歩いてきて、その場で土下座した。
土下座なんてテレビのなかでしか見たことがない私パニック。
慌てて私も土下座した。
お互い土下座したまま
「とんだ恥をおかけして……」
って感じでひたすら謝罪。

その間もYとY母が口論していて、
「花嫁の顔をぶつ!?」
って感じでキレている娘と
「あんたの態度は遠路わざわざ来てくれた人に、いい年をした大人がやることなの!?」
って感じでキレていたそうだ。
「その年までロクに仕事もしないでふらふら、それに引き換え〇子さんは学生の時から自分でバイトしてうんぬん……」
私は高校生の時、Y母のパート先でアルバイトしたことがあって、その時のことまで掘り返してY母はYを怒鳴りつけていたみたい(土下座中の私に聞き耳を立てる余裕はなく、周囲にいた友人たちに後から聞いた)。

66: 名無しさん@おーぷん 2017/09/23(土)08:26:46 ID:107
もう幸せな結婚式っていう雰囲気じゃなくて、新郎側の両親とY父がその場で参列者にお開きを伝えて、そのころになって自分たちの口が招いた災いにYの大学チームは真っ青になってた。

Yは離婚。
新郎側の両親と親族が激怒したらしく、Yの両親も納得して慰謝料その他を支払ったそうだ。
当のYだけが納得できていないらしく、
「(私)のせいだ!」
って直後から鬼電が掛かってくるようになった。
基本的に距離があるから実害はなく、ことの顛末を旦那とウトメに報告した結果、年賀状等のやりとりで住所を知られていることを考えて引っ越しすることになった。
計画中だったマイホーム建設を早め、アパートに仮住まいしていたんだけど先日無事引っ越しを完了させた。
実家を知られているのが一抹の不安なんだけど、私父が元Kで兄もKなので、それを知っているYが乗り込んでいくことはないと思うけど、連絡だけはしてある。
というか、Y両親が私両親に
「このたびは……」
って感じで土下座したそうだ。
私にも「慰謝料を…」って話になりかけたけど、いただく理由がないから断った。

Yがどうしているのかは知らない。
Yはずっと私が嫌いだったそうだ。
留年しているくせに自分より成績がいいこと、進学した大学、就職先、先に結婚したこと、旦那の収入やウトメとの関係、私が専業主婦だってことを相当妬んでいたらしい……。
「私は何もかもうまくいかないのに、傷モノが私より幸せなのが許せない!!」
んだって。
それで自分の結婚式に私を招待して、幸せな姿を見せつけて不幸にしてやろうと思ったらしいけど、私に堪えた風はなく(むしろ途中まで感動してた)、腹が立ってあの自爆につながったんだそうだ。

共通の友人たちに式の直後にYが垂れ流した愚痴から上記が判明。
自分で自分の結婚式を壊したYが私のせいにして爆発している様子に、COした後に私に教えてくれた。
気付かなかった私も私だけど、それほど憎いならなんで友人やってたんだろう……。
(私の結婚式に参列してくれた時、泣きながら祝福してくれたYは替え玉なのか?)
って思ってしまう。
私が上の子を里帰り出産した時に、産院に来て赤ちゃん見て自分のことのように大喜びしてくれた姿は何だったのか……。

この一連で、人間の闇を知ったのが私の修羅場。
旦那とウトメが理解してくれて、私に「非はない」と言ってくれたのが救いだけど、急な引っ越しとか何やらでご迷惑をおかけてしまったのも修羅場。


68: 名無しさん@おーぷん 2017/09/23(土)08:41:22 ID:TZo
>>66
自業自得、ブーメラン、それ以外Yに当てはまる言葉がない。
予定早めての引っ越しで大変だったけど、とにかくあなたはYはこの世から消えたものと思って、幸せに暮らしてください。

69: 名無しさん@おーぷん 2017/09/23(土)10:20:17 ID:dUu
>>65
大変だったね
新しいおうちで心機一転して全部忘れて幸せに暮らしてください



The Showtime EP