23: 名無しさん@おーぷん 2017/09/14(木)16:50:51 ID:G2F
だいぶ昔、小学生の頃にいじめっ子が目の前でドブに流れていったことがある。
流れていった奴は、学年なんて関係なく大人しそうなタイプの子たちを狙って悪口言って蹴飛ばすわ執拗に追い回すわする、猿みたいな男子。

そいつが妹(猿と同学年)を虐めたから注意したら、2学年上の私も蹴られるようになって、姉妹共々被害を受けてた。
被害者が多くて、被害者の親から学校や猿の親に抗議がたくさん入ってたけど、学校は知らん顔だし猿の親はネグレクトして知らん顔だった。




そんな中、ちょうど今頃の時期に大きな台風が来て、昼前に授業が中止となった。
この時も猿は、保護者に付き添われて帰ろうとしてる私たちをつけて虐めようとしてきた。
(嫌だなあ)
と、迎えにきてくれた祖父に妹とくっついて警戒していたら案の定、近くにいた同じ猿被害者の男の子目掛けて猿が走ってきた。
猿に気付いた男の子の親が、慌てて男の子の手を引いて避けさせたら、
猿は飛び蹴りの体勢で飛んで行き、そばのドブへスライディング。
台風の最中だからドブはとんでもない勢いで大量の水が流れていて、
猿はあっという間に流されてしまった。
結局、猿はドブの注ぎ込む消防用貯水池まで流されたが、その場にいた子たちの男性保護者数名に救出されて死にはしなかった。

でも次に登校してきた時、猿は見違えるように大人しくなっていて、水なら何にでも怯えるようになってた。
被害者の子はみんな子供心に
(ザマーミロ!)
ってスカッとしてた。


が、大人の方はその後が大騒動だったみたい。
猿の親が何故か猿を助けてくれた保護者たちに喧嘩を売りに行ったりして、警察や消防に何度か出向く必要があったりしたらしい。
今でもこの時期になると
「あの時はとても面倒だった」
って祖父がボヤいてる。



流されて生きなさい
流されて生きなさい
-がんばらくていい。しがみつかなくてもいい。-