542: 名無しさん@おーぷん 2017/09/14(木)02:44:25 ID:QfN
ささやかな仕返しを投下。

4月頃に何回かどこかに
「人間関係に疲れて1人仕事の職見つけたけど、教えてくれるおばちゃんが糞ババアで辛い」
みたいな愚痴を書いたと思う。

今働いてるのはラブホで、フロントは1人で24時間勤務して2日休みの契約。
だったんだけど、最初の出勤時におばちゃんから
「(私)さんが独り立ちしたらAさんは辞めることになってる。
もう1人採用して独り立ちするまで1勤1休でよろ!」
「長くても2ヶ月くらいだから!」

って言われた。
けど、新しい人を雇ってもおばちゃんが糞すぎて、1日でみんな辞めてしまう。

原因は
・24時間『おばちゃんのお嫁さん以外の家族自慢』と『お嫁さん&清掃さん(私も?)の悪口』を聞かされてゲンナリ。
・仮眠時間、おばちゃんは「私不眠症だから」と音を出して動画を見るからイライラする。眠れない。
・お節介が過ぎてウザイ。
とかじゃないかなと経験則から思うんだけど、おばちゃんは引継ぎの時にアレコレと辞めた新人さんが悪いように言っていた。

私は
(このままじゃいつまでも1勤1休のままじゃん!)
と思って、おばちゃん追い出し計画を練った。




まずは、1日1回状況を見に来られる本部の方から信頼を得るために、色々アピールをした。
本部の方が来られる時間帯を狙って、作業を開始し
「お客様用のカップが茶渋酷かったから今漂泊してるんですけど、臭い大丈夫ですか?」
「スプーンとフォークが曇っているから磨いています^^」
「解れ始めているタオルを縫っています^^
早めに補正したら目立たず長持ちしますし!」

など、細かいところにも気が付く新人アピール。
さらに前職の知識をフル活用して
「これはここから購入した方が安いですよ!」
「このチェック表はこう改善した方が見やすいと思います。
あとあれの在庫管理されないのですか?」

など、使える新人アピール。
それから
「清掃のあの人はこんなことしてくれました!
清掃のこの人がこんな風に助けてくれました!」

など、職場の仲間への感謝を口にして、他従業員との仲が良好なことをアピール。

少し時間を置いてから
「あ、今日もフィルター掃除(フロントの仕事)されてないや……。」
「あ、スタンプ押されてるのなくなってる……。」
って独り言を発するところから始めて、それまで黙って修正していたおばちゃんのミスを修正しないようにした。

更に、おばちゃんが残した仕事を笑顔で引き受けて、本部の方が来られる直前から作業を開始。
「おばちゃん、今日予定があるらしくて……。
あ!おばちゃんには言わないで下さいね!
私が引き受けただけなので!」

と、恰もおばちゃんが私に仕事を押し付けているように振る舞った。

そして5人目の新人さんが辞めた時、本部の方に
「差し出がましいこととは存じますが、新人さんを私に任せていただけませんか?」
と控えめに経験談を話しながらダメ元で提案してみた。
本部の方はこの提案を一旦持ち帰っただけで回答がなかったから
(失敗したか)
と思ったけど、次の新人さんが入る時に
「新人さんの都合がおばちゃんのシフトと合わなくて、今回は(私)さんに研修ついてもらうことにしたから^^」
みたいな感じで、私に新人さんを任せてもらえた。

543: 名無しさん@おーぷん 2017/09/14(木)02:44:30 ID:QfN
正直、他人と24時間一緒に働くのは嫌だったけど、おばちゃんを追い出すためには止む無し!
仕事内容としては、全然難しいことなんてなかったから、普通に教えて普通に過ごした。
そしたら新人さんは、普通に独り立ちしてくれた。

おばちゃんはそれが気に入らなかったようで、私を攻撃してくるようになった。
「新人はあれも出来てない、これも出来てない!
聞いたら(私)さんが教えていないようだ!」

て本部の方に話していたらしい。
それを聞いた本部の方が新人さんに事実確認を行ったようで、新人さんから
「本部の方からこんな風な話が合ったよー何なの?」
みたいな感じで情報が回ってきた。

そこで私は
「おばちゃん、新人いびりをしているんですか?
新人さんが不安がって聞いてきたんですけど……。」

と本部がおばちゃんに悪印象を持つように仕向け、
「新人さんがおばちゃんの件で辞めようか迷っているみたいです。
『慣れたら大丈夫!』と励ましていますが、このままじゃ厳しそうです。」
「新人さんが辞めてしまって1勤1休に戻るのなら、私も辞めます。」
と話したところ、さらに新人が1人入ってまた私が研修を担当した。

新しい新人さんは無事独り立ちをし、即日おばちゃんは解雇された。
おばちゃんは激しく怒り狂っていたけど、
ラブホは未だに裏のお仕事。
『労働基準法?何それ美味しいの?』な世界ということは、おばちゃん自身が言っていた。
おばちゃんは本部を敵視して、私に本部への怒りや不平不満を泣きながら喚き散らしていたけど、
仕組んだのは私だよ。


今はちょっと雑だけど、気の良い新人のおばちゃん2人と仲良く1勤2休で働いてる。
それにしても、今夜は暇だ。



おもてなしの仕組み - 京都花街に学ぶマネジメント (中公文庫)