(※編注:エネ夫…配偶者の味方をしない夫のこと。エネミー、敵。)

390: 名無しさん@おーぷん 2017/06/23(金)01:19:05 ID:hpR
スレタイは親戚家の嫁さん。


親戚のA家とB家は近所で住んでいる。
あるとき、A家息子夫婦がA息子嫁のノッピキならない事情で急遽3日間家を離れることになった。
A息子夫婦には十歳と九歳の兄弟がいた。
学校もあり、3日で済まない可能性もありでどうしても連れて行けず。
たまたまA家両親も家を離れており、A息子夫婦は仕方なくB家を頼ることに。
だが間の悪いことにB家夫婦も、ちょうどA家夫婦(A息子両親)と共に家を離れており都合がつかなかった。
うちをはじめ、ほかの親戚は距離があり無理。

そこで頼る相手とは、最後に残されたB息子(26)。
B息子は何年か前に体を壊して療養・退職したのをきっかけにいつしか本格的なニートになってしまった男性。
なにぶん急なことで他に協力を得られずに、A息子夫婦は仕方なくB息子に子守を依頼する他なかった。

ニートと言っても、もともとのB息子は悪人とはとても呼べない人物。むしろ善人の類。
これは私から見てもそう。
最後まで反対していたA息子嫁も最終的には折れた。
おわかりかと思うが、A息子夫婦、このB息子をよく思っていない。
特に嫁のほうは毛嫌いといったレベル。




私もこの件ではじめて知ったことだけど、このB息子はとても独身男性とは思えない家事スキルの持ち主で、特に料理の技は親戚一同を凌駕する。
B息子は1日で兄弟の胃袋を掴んでしまった。

結局A息子夫婦は予定を1日過ぎて帰ってきた。
料理以外の事も頼まれた以上の仕事をこなしたB息子をA息子は見直し、約束以上の報酬を渡して無事終了。

391: 名無しさん@おーぷん 2017/06/23(金)01:21:03 ID:hpR
……とはいかなかった。

A息子夫婦の子たちが、この日からA嫁の料理に文句をつけるようになってしまった。
A嫁、特に料理下手というわけではないが得意でもなく、子にリクエストされた『タマゴとろとろのオムライス』、『ナイフを入れると肉汁が噴き出すハンバーグ』など、B息子が振る舞った料理をことごとく再現できなかった。

僅か数日でA嫁は爆発し、怒りの矛先はやはりB息子に向かった。
要するに
「息子たちの舌を肥えさせやがって!」
とやりだした。
とは言っても食費は予め決められた予算内でやりくりされており、非常識なことも特に見つからない。

A嫁の言葉の端々に
“ニートのくせに”
というニュアンスを誰もが感じ、いくらA嫁がB息子の落ち度を捏造してまで悪人にしようとしても、既に人格の差が出来上がってしまっていた。
仕舞いには
「エネ夫!」「鬼姑!」
とやり出してしまったので、
今はA嫁は実家に帰されてしまっている。
決定的だったのは、B息子に渡した報酬をA嫁が一部抜いて渡していたのが判明したことだったけど。


たしかに、どんな人のできた人間でも、例えばニートなど大きなマイナス点があれば、その一点だけで人の評価は知れたものとなるのは仕方ないことだと思う。
けど受けた恩をあだで返すのはやはり人として違うと思う。
……と言ったら私まで攻撃対象になってしまった。



【わんわん本舗】おもしろデザインTシャツ『NEETだけどNEED』 (XL)