598: 名無しさん@おーぷん 2017/05/31(水)21:42:08 ID:IpJ
もう5年ぐらい前になるが、姉が離婚した時の話が凄かった。

姉夫婦は子無しで、原因は義兄(姉夫)にあったらしい。
だが姉の義父さんからは、姉ばかりが石女(うまずめ)扱いされて苛められたらしい。
そんな時、姉の義母さんがずいぶん姉を庇ってくれたらしくて、姉は
「味方がいることでどうにか耐えられた」
と言っていた。
その義父さんが交通事故で亡くなり義母さんと3人で暮らすようになってからは、少しは安穏な生活になったようだった。

が、それも3年ぐらいしかもたず。
義母さんが自転車で転んで腰を圧迫骨折して3カ月ぐらい入院したあと自宅に戻ってきたが、ほぼ車椅子状態。
姉は
「(義母)さんにはいつも助けてもらったから」
と仕事やめて専業になった。
最初のうちは伝い歩きぐらいは出来てたそうだけど、段々と足も弱ってきて、徐々に厳しい介護になってきたみたいだ。




そんなふうに姉が義母さんの介護をしてる間、夫である義兄は職場の女と不倫していた。
何年か経って、姉も義兄の浮気に気付き、そして失望したらしい。
そりゃそうだ。
「自分の母親の介護をしてもらっておきながら外の女と浮気かよ」
って、男の俺でもそりゃむかつくわ。

その頃に一度だけ姉から話を聞かされたことがあった。
俺は
「(義母さん)なんかほっといて離婚しろよ」
って簡単に言っちまったが、姉は
「(義母)さんには恩がある」「離婚は今はしない」
って言ってた。
だからいつになるか分からないけど、
(見送ってから離婚するんだろうな)
と思ってた。

で、結局何年か経って義母さんも亡くなった。
義母さんは亡くなる少し前に姉に封筒を渡したらしい。
結構分厚い定形外の封筒で、
「自分が死んだら開けなさい」
って言ったそうだ。

599: 名無しさん@おーぷん 2017/05/31(水)21:45:28 ID:IpJ
封筒に入っていた手紙には、
「本当ならさっさと離婚して新しい人生を切り開いたほうが良かったのに、自分の為に離婚のタイミングを失わせてしまった」
って謝罪の言葉があったそうだ。
その封筒の中には義兄の不貞の証拠が目一杯詰まってた。

義母さんは自分が死んだあと姉が離婚する気でいることに気付いてて、その為の証拠をこっそり集めてくれてたんだって。
義母さんの妹さんが頼まれて色々暗躍してたようだ。

おまけに義母さんは、相続も
「(姉)と(義母の妹さん)に遺す」
と公正証書遺言ってのを作成してた。
公証役場には姉自身が運転して司法書士?さんが付き添って行ったらしくて、公正証書を作成したことは知ってたらしいが、
(後妻さんだから難しいことがあるんだろうな)
ぐらいにしか思ってなかったそうだ。

義母さんが後妻だってことは姉も知ってたそうだが、義兄との養子縁組はしてなかったみたいだ。
だから母親の面倒見て貰ってるのに平気で浮気なんかできたんだろうな。
養子縁組をしていなかった以上、もともと義兄には相続権はないらしい。

が、義兄は女に貢ぎまくりであんまりお金持ってなかったけど、
(母親の遺産がくる)
と取らぬ狸の皮算用してたみたいで、
なんにも貰えないと知って茫然。
さらに離婚と慰謝料請求されて茫然。
女にも捨てられて真っ白な灰になっていた。


話を聞いた時、姉にとっては有難い話なんだろうけど、正直言って俺、義母さんの長年かかっての息子への復讐だったみたいに思えたわ。
ああいう義父さんの血が流れた息子だからそうなるような歴史があったんだろうな。
ま、姉は姉で男を見る目が無かったと言うことだが。



わら灰 本物 100g