610: 名無しさん@おーぷん 2017/05/30(火)17:33:13 ID:mZs
母の哀愛玩子である兄から電話がかかってきた。
兄からの電話なんて初めてだから、びっくりして思わず
「どうしたの?」
と聞いてしまった。

兄が言うには
「俺はどうもおかしいかもしれない」
「優良な人間関係を築けない」

だと。
兄は現在アラサーだが友達が一人もいない。
彼女もいたことがない。
「最初は皆挨拶や世間話をしてくれるが、気づいたら自分から遠ざかっている」
と兄は言う。
「これはもしかして母の子育てが悪かったのでは」

今頃気づいたか。





ちなみにうちの母の口癖は
「お兄ちゃんが可哀想でしょ!」
たとえば私が兄よりいい成績を取ると
「お兄ちゃんが可哀想でしょ!」
と、兄に恥をかかせたことを謝罪させられる。
私が自分の部屋を掃除すると
「お兄ちゃんが可哀想でしょ!」
と謝罪させられた上、兄の部屋も掃除させられる。
こんな感じだから兄は【俺可哀想】の立場に立てば我が通せると思いこんでいる嫌な奴に成長した。
家庭内だけでなくどこでもこれを押し通すから当然嫌われる。

ずっとこんな感じで被害を受けてきたから、私は
「フーンまあアラサーで気づいただけマシかもね」
とハナホジで聞いた。
でも兄が
「自分を直したいから手伝ってくれ」
と言い出したので
「絶対やだ」
と即断った。

そしたら兄が
「なんで断るんだ。俺は間違った子育ての犠牲者なんだぞ、可哀想と思わないのか」
みたいなことを言ってキレ出したから笑ってしまった。
「何がおかしい!」
「だから、そうやって『俺は犠牲者だ、被害者だ、言うこと聞け!』ってやるその態度が嫌われるんだよ」
と言ったら黙った。

「大体さんざんないがしろにした妹が引き受けると思う?」
と言うと、
「他に話し相手がいない」
んだってさ。
友達いないもんね。
「お金払ってカウンセラーにでも風俗嬢にでも聞いてもらえ。あんたの話を無料で聞く人間はこの世にいない」
と言ったら泣き出した。
そこで電話切った。

二度と兄の電話にはでんわー。



アイアイ
アイアイ/おやこでいっしょに♪どうよう