104: 名無しさん@おーぷん 2017/04/27(木)15:58:10 ID:dZ3
私は小さい頃からガタイが良くて、体脂肪率は20%~25%あたりをウロウロしてる感じなので決して“肥満”ではないんだが、パッと見には肥満と思われがち。
ちなみに学生時代はソフトボールをやってた。
現在三十代後半。

パート先の同世代の同僚に、私と同じぐらいの体格の女性(A)がひとりいた。
Aはよく自虐的に
「私、デブだから~」
と言ってて、そんな時にはいつも私に対して
「でもいいもんねー、食べたいもの食べずに美味しいもの我慢してまで痩せたくないもんねーーーー」
と、完全に私をデブ仲間認定してくる。

自分がスタイル良くないのは分かってるし、デブを否定するのもなんか違うし、どう対応していいのか分からないけど、なんかモヤモヤしてた。
かと言ってここで体脂肪率の話をするのもなんか必死過ぎる気がして変だし、結局言われるまま適当に流してた。




そのAが突然マイク□ダイエットに目覚めた。
お昼ごはんにはジュースのやつとスープのやつを交互に持ってきて、それだけ。
休憩時間にも一切おやつは食べずに頑張ってた。
朝ごはんとお昼ごはんの2食を置き換えてたらしい。
3ヶ月ほど経つとかなり痩せてた。
自己申告では8㌔減とか。
半年も経つと本当に痩せてスマートになってた。

ここから私へのデブ攻撃が始まった。
マイク□ダイエットを鬼のように勧めてくる。
「痩せれば人生変わるよ!あんたも意識を変えないと!いつまでも自分に甘えてダメダメ!」
まぁありがちな、ダイエットに成功した人のデブ苛めが始まったわけ。
痩せたら痩せたで自己完結してくれればいいのに、何故私を巻き込むのだ。

回りの他の同僚たちが醒めた目でAを見てたのは感じてたから徹底してスルーした。
私みたいな体型でも筋肉を落としてダイエットする方法もあるんだろうけど、強がりでなく元々それほど気にしてなかったし、そもそも旦那と知り合ったときからこんな体型で、こんな私を好いてくれて、今更誰の為に痩せたいと言うのもないし、健康状態だって全く問題ないわけで、お高いダイエット食品を買ってまで痩せたいと思ってないわけ。
「私は私の人生に満足してるし、意識を変える必要もない、別に甘えてもいない」
そう訴えたところで多分Aには伝わらないと思うからスルーした。

だけど、私より回りの同僚の方が、Aの私に対する態度に辟易してたみたいで。
ある時から
「デブがちょっと痩せたぐらいで偉そうに」
って言われ出した。
そこからAが孤立して行って、しばらく経って退職した(退職したのは家庭の事情らしいけど)。

それから2年ぐらい経ったんだが、先日大型ショッピングセンターがOPENして買い物に行ったら、
レジで働くAがいた。
最初気付かずにAのレジに並んで、私の番になった時に名札を見て気が付いた。
反射的に
「あれ?Aさん?」
って声を掛けたらビックリして私を見て来て互いに気付いたわけだけど、
初めて会った時よりふくよかにリバウンドした体型に目が行ってしまって、思わず
「あらまぁ…」
と言ってしまった。
Aさんは仕事に徹して何も言わなかったけど、心の底から
「あらまぁ…」
って感じだった。



あらまっ!