526. 名無しさん1~7 2017年04月20日 13:15 ID:TEe5GO5x0
無駄に長くなりました。失礼しました



519. 名無しさん1 2017年04月20日 13:05 ID:TEe5GO5x0
誰にも言えないしオカルトな復讐。
フェイク盛り盛りなので違和感あったらごめんなさい。


当時私は看護資格を取るために学生をしていた。
独り暮らしを謳歌していたら、いとこからバイトの打診があった。
なんでもいとこ父が在宅介護状態で余命数ヶ月~半年なんだと。
このいとこ父、モラハラ暴言暴力嘘自慢フルコンボだドン☆を身内のみだけではなく初対面の訪問看護の看護師とかにもやらかしまくり(認知症は無いらしく往診の先生にはヘコヘコしてた)、施設も面接で
「信頼関係が築けません」
と審査?落ち。
訪問系サービスも、来るのは人間故、フルコンボ攻撃を食らった結果体調を崩す職員が続発し、その訪問サービス施設の倫理委員会の様なものの会議の結果ブラックリスト入りで断られるor減らされる始末。

ほぼいとこ単身の介護では買い物も出来ないと言うことで、
「週2~3回、学校で習った程度の身の回りの世話をして欲しい」
とのこと。
なんと破格の日給。
そのいとこ父の強烈さは知っていてそのため疎遠だったが、
(流石に余命幾ばく、全盛レベルではないだろう。何より目の下にクマ作ってやつれたいとこを放っておく方がマズい)
と引き受けた。

520. 名無しさん2 2017年04月20日 13:06 ID:TEe5GO5x0
初日はまずマウンティングから開始。
クソの崇拝する大学に技術をレクチャーして貰ったと話すと、少なくとも世話はさせてくれた。
どう足掻いても妄想とモラハラです本当に(ryな愚痴を耐えず聞かされ耳が腐りそうだったが、いとこも私も介護の目的はネグレクトによる世間からのバッシングを回避することだった。
ネグレクトで保護入院はいいが本人がアレなので結局すぐ帰ってくる+『病院に拉致された』とキレる+近所と親戚のヒソヒソは色々キツい。

最初は攻撃対象が外だったからやって行けたが、頭を洗ってやってたら
「水が顔に一滴はねた」
とやらで敵認定された。
そこから暴言暴力を受けるようになった。
暴力と言っても本人が弱ってるから全部避けたり受け止めたり出来たが。
私が来たことで出来た貴重な昼寝中のいとこの耳にも暴言は届き、謝られる始末。
この頃はクソの暴言よりいとこに謝られる方が辛かった。

まあどうにか右から左へ受け流す戦法を身につけつつも、やっぱりダメージは蓄積していたらしい。
ある日クソが呼ぶから用事を聞くと
「●が出たからオムツを取り替えろ、それからもうすぐのど自慢が始まるから車椅子に乗せろ」
とのたまう。
汚い話で申し訳ないが、いとこ父はωについた●を拭くだけでブチ切れる。拭かないと「痒い」と言ってブチ切れる。
よって洗うことが一番楽なので「湯を持ってくるから待ってろ」と伝えて洗面所で湯と石鹸を用意してる間に、貴重な訪問看護師が来ていた。




521. 名無しさん3 2017年04月20日 13:08 ID:TEe5GO5x0
んで狭い一軒家の中、いとこ父は大声で日頃の愚痴(笑)を唄っておった
「(私)はお前と同じ大学に行ってるくせに(行ってない)本当に使えない女だ。
さっきも車椅子に乗せろと言ったら湯を汲みに行った基○外の○んぼだ。
アレの母親に俺は何度も色目を使われたがブスすぎて抱く気にはなれなかったな」


コップの水が溢れた…いやコップが割れた瞬間だった。


とっさに洗面所にあるカミソリ(T字じゃないやつ)を握ってクソの部屋にドスドスと向かったが何を思ったかドア代わりのカーテンの前で私は回れ右して居間に。
目についたのはクソが動ける頃にアンティークショップで買ったと自慢していた人形。
一見フランス人形風なんだけど固いのは頭と手と足だけで腹は綿が詰まってたからぬいぐるみの方が近いかもしれん。
この辺で記憶が飛んだ。

看護師さんに呼ばれて気付いたら人形の腹が綿まみれ、私はカミソリ握りしめてた。
看護師さんに怪我してないか袖とかめくられて確認されてるうちに大号泣。
バイトで精神が一月保たなかったとは…これでは夢など叶わないと泣いた。

飛んでいた部分の記憶をいとこに聞くと。
まず何か怒声が聞こえて、いとこが
「やらかしちゃったか」
といとこ父の部屋に走るが私がいない、看護師さんが私を探し居間へ来たところ二人が目撃したのはブツブツと何か言いながら人形にカミソリを突き刺す私の姿だった。

522. 名無しさん4 2017年04月20日 13:11 ID:TEe5GO5x0
看護師さんは私が学生だと知ると、
「本人のとこに乗り込まなかっただけ冷静(?)だった」
と褒め?られた。
「いくらアレな患者でも喧嘩を買ったり目の前で泣いたりは駄目、仲間のいるところで愚痴るのが正解だ」
と。
ついでに
「学生でカルテも見てないのにいとこ父の病巣に当たる部分に正確に刺している(例として肺が悪いとは知ってたが右肺上の方が悪いとは知らなかったけど正確にそこを刺してた)のも凄い(?)。解剖生理の成績いいでしょ」
と苦笑いされた。
確かにA判定貰ってたが今回は偶然。

そしてお茶を出して貰って(脱水症状起こしてた)、看護師さんといとこは別室へ。
暫くするといとこと看護師さんといつ呼んだやらケアマネ(サービス斡旋調整係)が居間に来た。
いとこはバイト代を渡してきた。約束の1.5倍もの額で目玉ポーン。
多い分と今日の日給分と人形代は引いてくれと頼んだが、
「それだけの働きをしたから」
と固辞され、バイトは『解雇(いとこ父談)』となった。

看護師さんは訪問看護ステーションの中でも偉い人らしく、
「一般人に面倒を見させて被害拡大させるならとどうにか上と掛け合って訪問回数を増やしたい」
と言っていた。
気の強いベテランが最近転職してきたから多分可能だと。
「私子のおかげで言い方向に転がったからボーナスなんだよ」
といとこが晴れやかな笑顔で言っていたのにゾクッとした。
自分がやらかした事も怖いが、いとこの笑顔も怖かった。
人形は私が処理して新しいのを買うと引き取ろうとしたが、いとこはかたくなに人形を離さなかった。

523. 名無しさん5 2017年04月20日 13:12 ID:TEe5GO5x0
「こんな安物、弁償とか要らないよ。むしろ本当にありがとう。
…というかこれ頂戴。」
怖かった。
もともといとこ家のものだし
(頂戴って何だろう)
と思ったが剣幕に押されて
「分かった」
と手を離した。
後日お菓子でも送れば良いかなと。

その後看護師さんと一緒に玄関を出たのだが、その時に
「…もしかして素人に世話を頼んだこと、いとこに怒ったりしました?」
「え?いやいや!いとこさんの苦労を労いこそすれ咎めもしなかったわよ。凄くあなたを労って精神的フォローにも努めてたし。あなたも散々な目にあったけどむしろ貴重な体験よ。
…夢、諦めちゃった?」

「いえ、ドラマみたいな患者さんと仲良くドリームは消えましたけど、資格はとって働きます」
「じゃあ新人がまず潰される夢を卵のうちに拭えたわけだ!あのお父さんも死ぬ前に役にたったわね」
とケラケラ笑って別れた。

数日後、いとこから連絡があった。
「(バイトを辞めて)次の日から父の活気がなくなり、今朝吐血(あれ?喀血じゃないの?)して食事も薬も受け付けなくなった」
と。
詳しい話はしてくれなかったが、往診医が
「余命数カ月とお伝えしましたが、この状態だと余命数日から1週間です」
と言ったらしい。
口は相変わらず元気だし検査の希望も延命の希望もないが、
「痛み止めを希望するならほぼ眠った状態になるのでお看取り目的で入院出来る」
と。
まあ今までも入院出来たけどブラックリスト入りしてるから暴言暴力モラハラと治療拒否したら即退院の誓約書書いてたんだな、しかも一日で誓約書執行されてたんだよね。
おもわず
(やったねいとこさん!クソが消えるよ!)
と言いかけたが、心中複雑かもしれないと黙って聞いていたら
「本当にありがとう!感謝しきれないよ!」
やっぱり寒気がした。

一週間後、いとこ父の訃報。
通夜でいとこに挨拶したら、流石にやつれた顔はまだ治ってないが表情は晴れやかだった。

524. 名無しさん6 2017年04月20日 13:13 ID:TEe5GO5x0
なんとなく人形の所在が気になって聞いてみると
「一緒にお棺に入ってるよ。
(私)を見て『この手があったか!』って目から鱗だったよ。
そこまで考える気力が無かったって事だけどね。」
と言って喪主の仕事に戻っていった。

(その手ってどの手よ?)
と思い誰も開けないお棺の顔を見る窓を開けたら、浮腫んでぶくぶく顔の横に人形があった。
綿は出てないし、服は繕ってあったから縫ってくれたのかとおもって人形の服をめくったら明らかに傷が増えている。
肺にしか私は刺してないけど腹もズタズタだった。縫ってあったが。
ここで私は寒気の正体に納得がいって、お棺の窓を閉じた。

(私が過激なストレス解消法をいとこに教えてしまって、偶然クソはその頃に具合悪くなったんですよね。そうですよね。)
そう思うことにした。

余談だが
「ちゃんと施設に入れてれば(いとこ父)はもっと長生き出来たのに」「ケチってサービス減らすなんて虐待だ」
と正義感(笑)満載のいとこ父方の親戚がいた。
それを聞いたいとこと私、大爆笑。
笑って言葉が出ない位爆笑。
それを見た親戚が
「何が可笑しいのよ!あんた達おかしいんじゃないの!?」
と顔真っ赤にして言った。
確かに可笑しいよ、二つの意味で。

525. 名無しさん7 2017年04月20日 13:14 ID:TEe5GO5x0
「知ってますぅ?父…ブフッwww市内の殆どの施設病院からブラックリスト入りしてるんですよww」
「おじさんの面倒見れたのいとこと私と(前述した看護師)さんだけだったねーwwもうアレはロボットじゃないと最期まで面倒見れないわww見て見ておば様!これおじさんのお世話をしたお給料で買った腕時計!(ブランド物)まだお賃金余ってるから参考書が充実するよ!もー参考書高くて普通のバイト代じゃ足らなくて…」
「そんなに父が大事でしたら言ってくださればいつでも通帳と本人をお渡ししたのに…」

親戚さん逃げていきました。
我々のテンションが怖かったのかもしれないが。


その後私は無事資格取得。
10年近く働いているが、いとこ父に一分野でも勝る患者は未だに現れていない。
重度の認知症持ちでもあれ程酷くない。
楽しいよ、暴言患者。
だって良い人を悪く言わないし、差別用語も人格否定もないし。

いとこがこの前婚約者を連れて挨拶に来たので記念カキコ。
蛇足だが親は何してたと思う方もいると思うが、“抱く気にもならなかった母”はクソに手込めにされかけて股間蹴りをした上に和田アキ子のリンゴ割よろしくωを潰した強者(身内間の争い&正当防衛にした)。
オムツ股間でω拭くとキレるのはこの人の娘にω触られるのが怖いから。
「何かあったら言いなさい。3Kと昔呼ばれた職業目指してるんだから修行になるだろう」
と言われていた。



水曜どうでしょう 第 2回 どうでミー賞 名セリフステッカー ( 腹を割って話そう )