121: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)12:03:00 ID:dDF
俺も妻も酒を呑まないので、結婚式はノンアルコールだった。
10年くらいして妻の七歳年下の妹が結婚したが、挙式はせず日中に食事会だけで済ませたため、こちらでも酒は出なかった。

ある日、知らないばあさんがうちに押しかけてきて
「結婚式をやり直せ!」
とバカ騒ぎした。
通報した。
警察が来るまで顔も口も出さず、警察が来てからやっと相手をしてやったところ、上記の食事会にも呼ばれなかった、義妹の夫の母方の大姑と判明。




このババア、悪質なアルコール依存症で、婦警さんの前なのに
「酒を呑めない奴は人間じゃない!」
「結婚式でも葬式でも酒がないならやる意味がない!」
「出席者に失礼したことを詫びて酒を振る舞え!」

とバカ騒ぎで、義妹が呼ばなかったのも理解できた。
「要するに、うちのカネでお前に酒を呑ませろと言いたいのか?」
と確認したら
「そうよ!」
と即答しくさったので、婦警さんに
「それは脅迫です」
と説教してもらい、やっと来た義妹の姑には俺が
「酔っ払いを野放しにするな」
と説教して、追い払った。

ところが、2時間くらいしてから、その婦警さんから
「さっきのお婆さんが急性アルコール中毒で救急搬送されました」
と連絡があった。
うちの近所には県内有数の桜の名所があり、酔っ払いババアは義妹の姑と別れて花見にしけこみ、枝豆と焼き鳥と空にしたビール缶に囲まれて、ゲロ吐いて昏睡状態になっているところを発見されたとか。
ちゃんと帰ったか確認しなかったのはこっちのミスだが、保護する責任はないので義妹の姑宅の連絡先だけ教えて手を引いた。

酔っ払いババアは一命を取り止めたものの脳障害が残った。
ところが病床でも
「酒!酒!」
と呂律の回らない口で叫ぶので実の娘である義妹の姑が憐れんでしまい、医者や看護婦の目を盗んで酒を呑ませていたため、入院先から追い出され自宅療養になり、さらに飲酒量が増えて結局死んだ。
義妹の姑だけは
「(俺)が悪い!」
と意味不明な寝言をほざいたそうだが、親族も医者も警察も、
「酒を呑ませ続けた(義妹の姑)が悪い」
と断じたため、葬式が終わってから骨壺と酒ビンだけ持たされて追い払われたらしい。
俺はもちろん葬式に行かなかったので、その辺りは伝聞。
それが去年のこと。


さっき、生憎の雨降りだが桜の様子はどうかなーと見に行ってみたら、義妹の姑っぽい酔っ払いが一升瓶を手酌していたので、見つからないように逃げ帰ってきた。



NHKDVD いないいないばあっ! かんぱーい!!
いないいないばあっ! かんぱーい!!