781: 名無しさん@おーぷん 2017/04/03(月)06:16:59 ID:7Je
10年以上昔、主に友人が果たした復讐。


自分と友人Aは仲がよく、小学校の頃はチビのお調子者といったポジションでそこそこ楽しくやってた。
しかし中学に上がるとガラの悪い隣の学区からも生徒が来るため、DQNに目をつけられてしまった。
自分は幸いDQNと違うクラスになったので良かったものの、Aは同じクラスのDQNにいじられ小突かれるようになったらしい。
2年になる頃にはDQN軍団は数を増やし、自分たちは廊下で奴らとすれ違うたびに腹を殴られたり、ヘッドロックされたりと散々だった。

ある時、Aから
「俺は強くなりたい」
と言われた。
「このままやられ続けるのも癪だから一緒に何か格闘技を習おう」
と。
しかし自分たちは中2にして身長155と150のちびっ子なので、普通にやっても勝ち目はない。
それを格闘技好きの先輩に相談した所、隣町にあるレスリング系のジムを紹介してくれた。
自分たち二人は周りにバレないように放課後に通い続け、共に体と技を鍛え続けた。
相変わらず小突かれながら。




3年になる頃には自分は身長も平均くらいにはなりガタイが良くなったため、DQN攻撃はいじり程度になった。
でもAは相変わらずちびっ子だったので、下っ端DQNから小突かれていた。
ただ一見太ったように見えるAの首は、とんでもなく太くなっていた…。

782: 名無しさん@おーぷん 2017/04/03(月)06:18:19 ID:7Je
卒業式の後。
いままでの仕返しをするべくDQNのYを呼び出した。
場所は人目につかないよう学校の横の公園にしたが、AとYが決闘すると聞きつけたDQNグループ数人と一般グループの友人含め男女20人ほどが集まった。

YはDQNグループの調子乗りで、率先して大人しい奴にいちゃもんをつけて回る一番の迷惑野郎だったが、身長は175くらいのガリ。
Aは
「散々やられた仕返しをしてやるよ」
と言い放つも、未だにちびっ子なので周りもYもAを馬鹿にするように野次を飛ばしてきた。

そんな中、ふざけたファイティングポーズをとりながらピョコピョコ挑発するYに綺麗にAのタックルが入った。
Yは立ち上がろうとするものの、Aはまた綺麗にポジションを取り直し、土下座体制のYにフロントチョークをかけた
Aは
「ごめんなさいは!?」
と言いながら締め続けた。
仲間DQNが止めにかかるのは自分が抑えたので救援は無い。
Yは
「ギブ…ギブ…」
と言うもののYが謝るまで締め付ける。
Yは喉が締りグゲグゲ言いながら
「ゴメンナザイ」
と言い、Aもチョークを解いた。
戦いの後、Aはいつの間にか増えていた野次馬から賞賛され、Yは戦いでシャツが破れ髪も乱れ哀れな姿で卒業を迎えた。

卒業後は自分はただの筋トレ好きなオタになり、Aは鍛え続け総合格闘技の世界でそこそこ強い選手になり、引退後トレーナーをやっている。


昨日、数年ぶりに再会したので書いてみました。



マジック・ザ・ギャザリング 不毛の地の絞殺者(レア) / 戦乱のゼンディカー 日本語版 シングルカード BFZ-102-R