695: 名無しさん@おーぷん 2017/03/22(水)23:36:18 ID:Ibd
母親は私を産んですぐ亡くなった。
父親はそのせいで宗教にのめり込んだ。
何度も何度も
「お母さんを亡くした父さんを立ち直らせてくれたのは宗教のおかげだ」
と、借金してまで宗教に貢いでた。
私は中学を出たら出家を言い渡されてた。
どこぞの出家と違って、こっちの出家は山奥に閉じ込められて外に出られるのは月に一回だけ。
嫌過ぎて父親を包丁で襲った。
(父親を殺したら警察に連れて行かれて出家しなくて済む)
と信じてた。
でも返り討ちにあった。
そりゃ三十代の男のほうが中学生より力があるに決まってる。
かばった腕を父親が切り裂いて血が飛び散って父親が我に返った。
救急車を呼んで病院でも私が暴れたから、祖父母に引き取られることになった。
私の生い立ちはこんな感じで、父親の洗脳で普通の思考が壊れかけてた。
それを学校のクラスメイトが気味悪がるのも仕方なかった。




クラスに一人、“お蝶夫人” とあだ名がついてる子がいた。
「喋り方がお蝶夫人みたい」
ってことでついたあだ名らしい。
そのお蝶夫人が、ぼっちの私のことをずっと見下し続けてた。
「(私の)育ちが貧しくて家柄が卑しくて下賤の者」
だといって、
「ピアノ習ってテニス習って書道習って茶道習ってる(お蝶夫人)のことを崇めなさい」
と言われた。
でもお蝶夫人は馬鹿だった。
勉強できない的な意味で。
高校はお蝶夫人の第一志望に私が受かって、お蝶夫人はFランクの高校になった
「高校、かわってあげてもよくってよ?」
と言われて、
(ここまで頭が悪かったのか)
と哀れんだ。

高校生活の間に一度、大学生活の間に二度、お蝶夫人と鉢合わせした。
大学はFランどころか
(名前聞いたことないぞ?)
って学校だった。
鉢合わせしたときお蝶夫人の周りには取り巻きがいたんだけど、変わらぬ口調で私を見下してきたのでスルーした。
「親に捨てられた貧しく卑しい子ですのよ」
と話す顔が恍惚の表情で気持ち悪かった。

大学を卒業して3年たった今、お蝶夫人がツテを使って接触してきた。
「お金かしてほしい」
って。
周りに聞いたところ、お蝶夫人じつは大学受験二度失敗してたらしい。
そして浪人(※編注:留年+大学中退のこと?)の危機なんだとか。
お蝶夫人には妹が二人いるんだけど、二人はお蝶夫人に似ずにしっかりしてて頭も良かった。
似てるのは顔だけ。
その妹たちが大学生になるからお蝶夫人にかけるお金がなくて、色々ピンチらしい。
このままでは高卒の烙印を押されるのが嫌で学費貸してくれる人を募集中らしい。

私は奴隷扱いされてたから貸してくれると思ったんだろうがアテが外れたな。
「結婚したばかりで挙式に金使ったからお金無いの」
と150万引き出した通帳見せたら泣いてた。
「卑しいあなたが結婚までしてるなんておかしいじゃない、不公平じゃない」
と言ってたけど知らないわ。
「夫に過去のこと話してないのね卑怯だわ」
と言われたけど、夫は全部知ってるしそれでも結婚したから心配ご無用。
親にも恵まれてお金かけてもらって習い事までさせてもらったのに、自分から不幸になるなんてお蝶夫人は馬鹿だなぁ。



バカ田大学 入学試験問題 馬科