454: 名無しさん@おーぷん 2017/03/18(土)02:11:41 ID:tXu
15年来の友人が亡くなった。

彼女とは子供同士が同い年ということで意気投合し、仲良くなった。
私より10歳ほど年上だったけれど若々しい美人で、老け顔の私と同じくらいの年齢に見える素敵な人だった。
育児の知識も豊富で家事も得意、おまけに旦那さんは会社経営のセレブ。
友人であると同時に憧れの人だった。

ところが5年ほど前、彼女の人生が大きく変わった。
旦那さんが病で倒れ、会社は倒産してしまった。
二人とも天涯孤独で頼れる親族もいないということで、彼女は子育てと同時に介護をすることになった。
今までセレブの奥さんとして専業主婦だったのが急にパートを掛け持ちし、育児と介護に追われ、綺麗だった彼女がボロボロになっていった。
私も出来る範囲で手助けはしたが、焼け石に水だった。




そして数ヶ月前、彼女も倒れた。
末期がんだった。
入院してから、あっという間に逝ってしまった。

455: 名無しさん@おーぷん 2017/03/18(土)02:11:52 ID:tXu
彼女が亡くなったことで旦那さんは施設に入った。

そして天涯孤独だと言っていた彼女の両親が生きていることがわかった。
息子さんは彼女の両親に引き取られることになったが、その時に聞かされたことがショックだった。

彼女も旦那さんも×1だった。
二人共、配偶者も子供もいるにも関わらずダブル不倫。
泥沼の果て、お互いにまだ幼い子供を捨てての再婚だった。

息子さんを引き取りにきた彼女の両親は、彼女がひた隠しにしていた彼女の悪行を盛大にバラし、
「死んで当然。娘とは思えない、あれは鬼畜の所業だ」
と言う内容の罵りを私に残していった。

彼女に親友がいたことが許せなかったのか…。
最後に親友を奪ってやろうと思ったのか…。
(私が友達だったのは誰だったんだろう)
と思う。

因果応報すぎて、親友だったのに偲ぶ気持ちになれないでいる。



けもの道の四季