458: 名無しさん@おーぷん 2015/04/22(水)06:05:40 ID:oII
おまわりさんに
「1××号室に空き巣が入りまして」
と声をかけられたのだが、私が
「いつかそうなると思ってました」
と本音を吐露したら
「ですよねー…」
と同意してくれた。


先月、私の住んでいるマンションの1××号室(1階)に六十代の老夫婦が越して来た。
だがこの老夫婦、チャイムも鳴らさずに隣の部屋のドアを開けようとし、鍵がかかっていたので
「開けろー!」
と叫びながらドアを激しく叩いて、驚いたその部屋の住人が慌てて警察に通報。
近くの交番からおまわりさん(冒頭の人)が駆けつけたので、そこの住人が鍵だけ開けたところ、それが聞こえた老妻はドアノブを引っ張り、しかしチェーンがかかっていたのでさらに大暴れ。
老夫婦は
「前に住んでいた場所では、チェーンどころか鍵もかけなかった」
「ドアは開けておかなければ近所づきあいにならない」

と主張したため、来た管理人に
「戸締まり用心という言葉を知らんのか!」
と説教された、らしい。




意地になったらしい老夫婦は、日中は自室のドアを開け放ち、夜も
「鍵はかけてないから!」
と言いふらすことで、管理人や周りの部屋が間違っていると態度で示そうとした。
だが私を含めたマンションの住人はもちろん近づかず、老夫婦を避けるようになった。

道路から見える1階の部屋が、日中ずっとドアが開けっぱなしにしていたら、そりゃ空き巣も入るだろう。
「何でドアを閉じておかなかったのか」
と聞かれた老夫婦は
「近所づきあいのためですよ!」
と逆ギレしていたが
「戸締まりして用心しろと言ったろうが、バカタレ!」
と管理人に叱られたらしい。

この老夫婦の神経がまったく判らん。





271: 名無しさん@おーぷん 2017/02/23(木)08:03:19 ID:COY
以前、マンションの1階に越してきた老夫婦が
「玄関は常に開けておかなければ近所づきあいにならない」
とほざいて率先垂範した結果、空き巣に入られたのを書き込んだ。

冬なのででこちらの地方でも寒くなったり、今年は雪がひどかったりなのだが、懲りていなかったらしい老夫婦は、またバカなことをマンション中に触れ回り始めた。
「屋内に誰かいるなら窓は閉めちゃいけない!」
「開けておけないならせめて5センチくらいは隙間を作っておけ!」
「夜でも常に開けておけ!」

などなど、とにかく “誰かが侵入しやすい環境を作れ” と言いだした。
私を含めて住民は誰ひとり相手をせず、管理人さんだけが叱りつけていた。

で、老夫婦はまたしても自分ちでそれを実行し、老妻が風邪をこじらせ、入院したがそのままあっさり亡くなった。
遺された独居老人はすっかりしょぼくれ、親族に引き取られていった。
その親族が両隣と真上の部屋に置いていった手紙によれば、亡くなった老妻が似たようなことをして地元にいられなくなったらしいが、その老妻がいないなら地元で受け入れてもいいことにするらしい。

どっか行ってくれるならそれでいいわ。



実話ホラー 闇夜の訪問者 (だいわ文庫)