677: 名無しさん@おーぷん 2017/02/06(月)21:40:14 ID:x50
長い割にスッキリするようなオチもなくて恐縮ですが吐き出させてください。


何でもかんでもブログに書く友人Aがいた。
人に対する愚痴や不満がとにかく多かった。
たくさんのブログを持っていて、愚痴の対象にバレないブログを選んで、かなり被害者的な目線でエントリーを書く人だった。

ある時ついに私もブログに書かれた。
今回はたまたま見ていて気づいたが、後から人づてに聞いたら前にも私の知らないブログで何回かやられていたらしかった。
記事内容は我儘そのもので腹は立ったが、文句を言っても無駄だと思った。
でも都合の悪い事実を隠して一方的に悪者扱いされて悔しかった。
一矢報いてやりたいと思った。




Aの持つ複数のブログの中でも、特に強烈な愚痴や不満が詰まったものがある。
特にA旦那さんに対するありとあらゆる不満の記述は、非常に具体的かつ止めどない。
A旦那さん温厚でいい人なのに。
A夫妻の共通の友人も複数人見ている場所で、A旦那さんが夜の営みにおいて不能であることも書かれていた。
A旦那さんご本人にとどまらず、A旦那さんのご親族・ご友人など、A旦那さんに関係する人はほとんど叩かれていた。
そしてそのブログには、Aがよその男性と恋に落ち、今でもAから猛アプローチをしてその男性と会っているという記載もあった。

私は匿名アカウントを作って、そのブログのURLをA旦那さんに送った。

「貴方が傷つくのは心苦しいが、黙殺できない内容があった」
と書いた。
A旦那さんは、誰なのかわからない相手(私)にわざわざ返事をくれた。
「色々と感づいてはいたが妻を信じたい自分がいた、でももう吹っ切れた」
というような内容だった。
A旦那さんがどうするつもりなのかは知らない。


何も悪くないA旦那さんに随分悪い事をしてしまった。
私もこんなところに事の顛末を書いている時点で同じ穴の狢。

Aは今日も、何も知らずにブログを更新している。



デスマーチ 第2版 ソフトウエア開発プロジェクトはなぜ混乱するのか