465. 名無しさん 2017年01月29日 18:04 ID:K9ElS1610
親戚のレイパーにした復讐。

レイパーって怖いんだよ。
ガタイでかくて暴力慣れしてるから、もう見た目の威圧感だけでハンパない。
スポーツで鍛えてる従兄ですら凄まれなくてもビビる。女子供ならなおさら。

私は親戚の集まりでそいつに倉庫の陰でヤられた。
それからそいつに何人かヤられて泣き寝入りしてたって初めて知った。
今思えば、母がなにかと私を守ろうとしてたのも分かった。
田舎でいつか大人になったら漠然と出ていきたいと思ってたけど、このときは本気でそう思った。
事なかれ主義で閉鎖的で秘密と暗黙の了解だらけ。
そんな田舎で性的な暴力をきままに振るい、何の罪にも問われない屑レイパー。

でもさっき書いたようにレイパーは怖い。
他の大人も当てにならない。
母は「もっと早く出ていくべきだった」と謝ってくれたけど、屑レイパーに復讐してくれるわけじゃない。




レイプされた私は、
(自分はもう目指すものにはなれないんだろう)
って思った。
実際にはそんなことはないんだけど、その時はそう思ってた。
だから恐怖と怒りと絶望だけで、将来とか希望とかそんなんは無くなってた。
私はちょっと変わってたのかもしれないね。
屑レイパーを殺したくてたまらなかった。

466. 名無しさん 2017年01月29日 18:07 ID:K9ElS1610
いくつかやり方を考えた。
一つは毒殺だった。
でも誰かを巻き添えにするかもしれないって思うと、うまい方法が見当たらなかった。あと屑レイパーが生き残る可能性もあったし。
なのでもう一つの方法をとることにした。

半年後に再び親戚の集まりがあった時(屑レイパーは女を物色するためか必ず出席する)、私は屑レイパーの服にこっそり手紙を入れた。
「車庫の車(バン)の中で会いたい」(=要するに性交渉しよう)
と、親族の女性の誰かのフリをして。
夜の宴会中に誘い出された屑レイパーが車庫の前まで来た時、
隠れて運転練習していた軽トラで思いっきり跳ね飛ばした。
正直金づちで殴ってもナイフで刺しても負ける気がしてたから、これしか思いつかなかった。

そのまま軽トラは無駄にデカイ庭石と石灯籠にぶつかり、私も大怪我をした。
屑レイパーは何箇所も骨が折れていたが、内臓はわりと無事で生きていた。
ただ、頭を強く打ってまともなことは何一つできなくなった。
いわゆる高次脳機能障害っていうやつだろうか。

私も誰かさん同様、何の罪にも問われなかった。
ちょっと親戚の子供が興味本位で軽トラに乗り込み、発進させてしまった、運悪く屑レイパーを跳ねてしまった。
それだけでおさめられた。
賠償とかそんなのも無し、治療費や車代は親族と地区の集会でカンパされた。

屑レイパーには一度だけ病院で会って、「ごめんなさい」と謝るよう言われたのでその通りにした。
それから指差して大笑いしたがだーれも止めなかった。
看護師さんすら目をそらしてた。

467. 名無しさん 2017年01月29日 18:08 ID:K9ElS1610
それから成人してから田舎から脱出した。

屑レイパーは退院後どっか親族宅で世話されたらしいが、すぐ死んだ。
図体ばかりでかくてもはや役立たずな上に、爺婆みたいなそれまでの貢献もなかったから…ってのもあるだろう。
一度私に話が来たように、お世話係に任命された女性がなんらかの恨みを持ってたのかもしれない。
ざまあみろだ。
屑レイパーの母親も直後に首を吊ったが、それは別にどうでもよかった。

私は罪を逃れた代わりに成人するまでは田舎を離れることができなかった。
これも暗黙の了解のようなもんだった、「逃げたら罪を追求するぞ」と。
けど、こんな閉鎖的な田舎でもすこしずつ開けてネット回線なんかも引かれてくると、仕事も見つかるようになる。
意識が開けてくると、
(いまさら罪に問われるのは隠した側だ)
って知恵くらいはつく。
なんとか上手く稼げる方法を見つけて母を連れて脱出してから、そこには帰ってない。

こんな田舎でも今は市部になってるのが怖い。
隠蔽主義、事なかれ主義が無くなってるんならいいんだけど。



徹底的に敵をヘコます法―ビジネスを優位に導く“狂騒”戦略