780: 名無しさん@おーぷん 2017/01/22(日)12:26:34 ID:PFo
数年前に元旦那が不倫した時の事。

旦那の不倫が発覚した経緯とかは長ーくなるから端折っちゃうけど、旦那の自供が取れ、相手の子も認めた為、最後の話し合いの時に相手両親を召喚したんだ。
不倫相手自身もそのご両親も、心の底から反省しているのがわかるほどに頭を何度も何度も下げてた。
こちらが考えていた以上の慰謝料を自主的に提示してくれたし、まぁ根は悪い人達ではなかったんだと思う。
若い子だったし(不倫相手は20代前半)、社会に出てすぐに出会った旦那がよっぽど大人に見えたんだろう。
まさに
(魔が差したってやつなんだろうな)
って印象。

とにかくなんだかんだ話し合って決める事決めて、最後に私が相手の子に、
「あなたは何度も頭を下げてくれているけれど、『ごめんなさい』で全てが許されるのは“しまじろう”や“アンパンマン”の世界だけだよ。
あなたのした事は『ごめんなさいもうしません』程度で真っさらに消せるような事ではないし、本音を言えば妻子ある身とわかっている人間に股を開いた汚物の謝罪なんて虫酸が走るレベル。
その事を死ぬまで覚えて、もう二度とこんな事をしないで下さい。」
と伝えたらキョトンとかポカーンって擬音がぴったりな顔をしてた。

まぁ会社でも「ミスをしたら誠心誠意の謝罪!そうすればなんとかなる!」と教育を受けていたし、ハタチそこそこの子が経験する程度の世の中の大半は「ごめんなさい」で許されてたんだろうから、今回人生で初めて“謝っても許されない事、謝罪すら嫌悪されてしまうという事実”に驚いたっぽかった。

彼女にはしっかりとした大人になってもらいたい。



斬り捨て御免 (コスミック・時代文庫)