680: 名無しさん@おーぷん 2017/01/18(水)02:45:30 ID:8dx
いつもお弁当の新婚の同僚(男)が先週からコンビニのおむすびになった。
それを面白がった男性社員が
「お前の奥さんついに手抜きになったか」
と茶化したところ、同僚は
「年始にインフルエンザで休んでしまい、大変ご迷惑をかけました。
妻は今、私の看病でインフルエンザがうつってしまい、私の失態で床に臥せっています。
私はすぐに病院に連れて行ってもらいましたが、私は妻の不調に気付かず…」

と目を伏せて辛そうな態度を装って答えた。
男性社員は自分の発言の失態に気づき、何かボソボソ言いながら去っていった。

「奥さんインフルですか?大変ですね」
と声をかけたら、同僚、あっけらかんと
「うちの人、中学生の頃にインフルエンザこじらせて死にかけてからインフルエンザにかからない体になったそうです。
元気なもんで、同じ空間にいたのにかかりませんでした。
最近忙しそうなんで『弁当いらない』って伝えてるんです」

と答えた
(うおおお、奥さんの株ageつつ下らない絡みを撃退ってスゲー!)
と感動した。

最近奥さん担当だった風呂洗いが同僚の仕事になったらしい。
代わり?に一目惚れしたちっちゃい手乗りサイズのサボテンを2つ奥さんに買ってもらったそうだ。
サボテンダータイプのサボテンと平べったいサボテン。
「このね、右(平)のサボテンにちっちゃいコブあるでしょ?
買ったときなかったのに子供できたんですよ!」

とキラキラした目で写真を見せてもらった。
子供?

サボテンの成長を同僚と見守る今日この頃。



サボテン王子のお姫さま (ソーニャ文庫)