353: 名無しさん@おーぷん 2016/12/31(土)20:25:40 ID:24K
夫には中学時代からの親友(A)がいる。
Aと夫は同じ時期に結婚したこともあり、流れで家族ぐるみの付き合いになった。
私もAのことは結婚前から知ってて、有言実行の真面目なタイプで好感が持てた。
Aと夫の仲の良さも見てて微笑ましく、だから結婚後夫婦で誘われた時も特に不満なくついて行った。

だけど、Aの奥さんには初対面からいい印象を持てなかった。
Aの奥さんには4人でいる時には全く見せない顔があって、飲みの準備や片づけなどでふたりになった時に結構露骨に馬鹿にされた。

Aは名のある会社に勤務しており、同世代平均を遥かに上回る高給取りだと聞いていた。
結婚と同時に新築の分譲マンションを購入し、A妻は専業主婦。
それに対して私たち夫婦は、新婚から5年間UR賃貸の3DKに住んでいた。
夫はごくごく平均的な会社員で、私は扶養の範囲でパート勤めをしていた。




A妻はハッキリと
「自分は勝ち組である」
と言っていた。
「勝ち組になれない結婚って意味ある?」
って聞かれたこともあった。
「うーん、そんなふうに考えたこと無かったからなぁ。『彼と結婚したい』ってそれだけしか」
って答えたら
「そうでも思わないと無理なんでしょw」
って言われた時、
(この人とは合わないな)
と思い、でも夫にとってAは大事な親友なので、他にも色々あったけどそれら妻同士のことを夫に話すことはしなかった。
(人は人、と思えばいい)
と思って。

その後、Aは引き抜きで転職し遠方に引っ越して行った。
年に一度帰省してきた時に男同士で飲みに行くことはあったけど、夫婦でと言うことは無くなってホッとしていた。
そしてさらにその後、Aが多忙過ぎて帰省してこないこともあり、相変わらず夫同士は電話やメールで話したりはしているようだった。
けど夫がAの現況を話すこともないし、自然と私とA家とは疎遠になっていた。

そして今年、Aがひとりで帰省してきたとかで15年ぶりに我が家に遊びに来たんだが、その姿を見てびっくりした。
あんなにお洒落で素敵な男性だったのに、くたびれた衣類をまとって肌もカサカサして顔色も良くなかった。
街ですれ違ったら気付かなかったと思う。
それでも3人で楽しく過ごし、Aが帰ると言う時に
「今度は奥さんも一緒にいらしてください。会いたいです」
と言った。
わざと言った。
Aは
「伝えておきます」
と笑って言ったけど、A妻は絶対来ないだろうなと思った。

あとで夫に聞いたら、Aの転職が実は失敗だったらしく色々不測の事態が続き、マンションも相当買い叩かれたらしい。
今は生活にも困窮していて、地元に戻りたいがA妻と実家が不仲で色々難しいそうだ。
その15年の間に、私たち夫婦の方は夫が順調に出世して、私も子供の手が離れたのを機に正社員で働くようになり、戸建マイホームを建てた。
勝ち組とは思わないが、それなりに不安なく暮らせている。
いわば逆転した状況。
今会いたい。
A妻に。
そして何も言わずに黙って微笑んでいたい。

Aは自宅に帰ったあと、律義に私にもてなしに対するお礼の電話を掛けてきた。
「奥さん、いらっしゃいますか?お久しぶりなのでご挨拶でも」
と言ったら向うで何かしゃべってるようだったが、Aに
「すみません、風呂に入っちゃって」
と断られた。
絶対電話に出ないだろうなと思ってたけど、
(やっぱりね)
って思った。
私って嫌なやつ。

でもこれで溜飲が下がった。
もう忘れよう。



Soundtracks For Lovers〜金曜日の妻たちへ/逢いたい時にあなたはいない…〜
Soundtracks For Lovers
〜金曜日の妻たちへ/逢いたい時にあなたはいない…〜