(※編注:トメ…姑。配偶者の母親。 返品…ここでは離婚のこと。)


457: 名無しさん@おーぷん 2016/12/31(土)12:12:05 ID:X3k
別居してるが正月は奉公にくるものと思いくさって
「おせちはお安く簡単にしましょ」
というくせに、言葉通りにすれば
「いくらは?」
「鯛の塩焼きは?」
「数の子はもっといっぱいないと」
「煮染めには京都の●●のお野菜(びっくりするくらい高い、人参一本800円とか)でね」
「ぶりは一匹まるごと買って背身は捨てるのよ」
とアホみたいなことを言うトメ。

今年は言葉通りにしてやったわい。

・剥き甘栗と小ぶりのさつまいもの栗きんとん
・スーパー玉出(知る人ぞ知る中国原産食品扱い店)の野菜の煮染め
・大根と人参の皮のなます
・ペットのエサの煮干しで田作り
・鱈のかわりに皮付きゴボウ(泥コミ)の棒鱈風
・知育お菓子で作ったなんちゃっていくらのしょうゆ漬け
・中心に魚肉ソーセージ、ラップで巻いた「ごはんですよ」で、食べれば崩れる昆布巻き
・鯛の代わりに名前も知らないような魚の塩焼き

これを持たせてクソダンナをさっきたたき出したところ。
このまま返品でも私はいっこうに構いません。



NHK すてきにハンドメイド 2016年 12月号 [雑誌] (NHKテキスト)