266: 名無しさん@おーぷん 2016/12/15(木)17:07:46 ID:tmm
中学の時、父の浮気で子供の私まで母にイラネされた。
頭の湧いてた父は離婚してすぐ愛人を家に呼び寄せ、父と愛人と私の三人暮らし開始。
露骨な邪魔者扱いはされないまでも、明らかに余分な物扱いだった。
置いて行った母親を恨みそうになるたびに、
(母も父の浮気で傷ついたんだろうな)
って、自分に言い聞かせていた。
会いに行っても
「顔を見ると(父)を思い出して辛い、一緒には暮らせない」
って言われるとどうしようもなかったし。

なのに、一年ぐらいたった時に母がやってきて凄い剣幕で怒鳴りつけられた。
「どうしてあの女なんかと仲良くしてるんだ!私を裏切ったのか!」
「円満にやらなければ他に行くところがない」という一心で波風立てなかったのが、母にはお気に召さなかったらしい。
母の計画では、
「(私)が感情のままに暴れ(父)と愛人にダメージを与え、2人が破局した辺りで(私)を回収するつもりだった」
ってさ。




(ああ、私って捨てられたんじゃなくて復讐の鉄砲玉だったんだな)
って思った瞬間、
なんか今まで必死に「守らなきゃ握ってなきゃ我慢しなきゃ」って思ってたものが全部溶けちゃった。
割とさ、親の金で今まで通り生活してるだけって思うかもしれないけど、“事の元凶どもに媚びるしかない状況”って学生の自分にはすごいストレスだったのね。

なんか涙がぼろぼろ止まらなくて上記の事を嗚咽交じりに訴えたら、さすがに母も良心残ってたのか場所がファミレスだったから人目気にしたのか、おろおろし出しだしてさ。
「もういいから一緒に暮らそう。引き取りに来た」
っていうんですよ。

267: 名無しさん@おーぷん 2016/12/15(木)17:08:00 ID:tmm
あんだけ言ったじゃん。
「無理だ」っていうから無理やり納得したのに、
(私が望んでいたものって、こんなに簡単に親の気まぐれで与えられちゃうんだ)
って。
疲労感が一周しておかしくなっちゃって、
「そういう性格だから離婚されるんだよ」
ってわざとは傷つけるために言って別れた。
今だって一度も思ったことなかったけど、
(こういえば一番ダメージ入るな)
って考えから。

その後何度かやってきて、時には泣きながら謝られたけどまったく心が動かなかった。
ただ人間関係の主導権を今度は私が握ってる気になって楽しかった。
冷静になれば空しいんだけど、母を傷つける瞬間ってホント例えようもないぐらい高揚するのよ。
だから完全には縁は切ってない。


おかしいかもしれないけど、父とも縁は切ってない。
父はその後、私の存在が影響したのか私が高校入る前には愛人に去られ、当時の事を無かったことにして接してくる。
その態度に母の時の様な衝撃は感じなかった。
(そう来たかw)
ってかんじ。
お金は出してくれたし最低限の親としての義務は果たしてくれたから、私も最低限娘の義務は果たすつもり、情はないけど。
例えば父が入院するとしたら、お見舞いとか金銭負担とか父が私にしてくれるだろうことはするよ。
ただ「あの時、このぐらいの負担だったら父も私を捨てただろうな」ってラインに達したら、私も容赦なく捨てる気でいる。
空想的なのは自覚してるけどその日が来ることを想像するだけで凄いテンション上がる。



葬送のリミット(1) (アフタヌーンコミックス)