750: 名無しさん 2016/12/07(水)18:44:29 ID:hcs
会社で自分の教育係になった先輩が、大学のサークルで執拗に嫌がらせをしてきた先輩グループの一人だった。
大学時代に事実無根の噂を流されたり、パシリにされたり、無理矢理奢らさせられたり、イジリと称して暴力をふるわれたり。
サークルは割と早い段階で見切りをつけて辞めたけど、学内で自分を見かける度に絡まれて意味なし。
精神的におかしくなって、その先輩グループが全員卒業するまでの間休学した。

どうにか復学して卒業、就職した先でまさか再会するとは思ってなかった。
しかも自分の教育係。
けれど、向こうは自分に全く気が付かなかった。
そりゃそうだ、お陰様でストレスで激ヤセして、小デブ→ガリガリ→痩せ型と体型が激変したから人相もだいぶ変わった。
おまけに、嫌がらせの時は屈辱的なあだ名でばかり呼んでたから、こっちの本名なんて覚えてなかったんだろう。
名乗っても、出身校話しても、休学した話をしても、思い出しもしなかった。

だから、復讐する事にした。





先輩の指示を受けた仕事にだけ、細かいミスを連発したり、微妙に指示を無視したりと、細かな嫌がらせをした。
そうしているうちに、先輩の教え方や指示に問題があるのではないかという空気が出来上がってきた。
他の人の目があるところでは、非は自分にあるという態度をとったが、先輩だけの前だと先輩が悪いという態度をとった。

そうしてるうちに先輩が、
「俺の何が気に入らないのか」
と訪ねてきた。
この時点でも
(自分の事を思い出しすらしないのか)
と、思わず笑ってしまった。
だから、
「働きもしない嫁さんの尻に敷かれて、言いなりになってるヘタレの言うことなんて聞く必要あるんですか?」
と、当時奥さんが妊娠して産休中だった先輩に言い捨てた。

学生時代、ヘタレと言われるのを何より嫌い、そう言われない為なら何でもするという性根のままなら、絶対にこの挑発に乗ると踏んで言った。
もちろん自分は女性に対してこんな酷い事は思ってはいない。
先輩は当然反論してきたが、その度に女叩きの発言とヘタレを組み合わせて応戦。
先輩と二人きりになるような状況でだけ続けていたら、徐々に先輩の思想が女叩き思想に染まってきた。
こっちとしては、理不尽な理由で反抗する後輩にストレスを覚えてくれればそれだけでよかったんだが。

で、奥さんが子供産んで退院してきたタイミングで、突然勘違い亭主関白に路線変更したらしい。
ちらっと聞いた話だけでも、モラハラに経済DVで訴えられるレベル。
それが原因で奥さんと子供には出ていかれ、両親からも呆れられ絶縁寸前なんだそうだ。

「お前のせいで」
と殴られたけど、先輩以外の前では真面目な新人を貫き通していたから、先輩の言い分を信じる人間なんていない。
『家庭問題のストレスを自分より弱い立場の人間に八つ当たりして発散しようとした最低なヤツ』
という目で見られ、味方はゼロ。
こっちが傷害で告訴しない代わりにボーナス前なのにクビ。

奥歯一本ダメになったけど、先輩の人生壊せてスッキリ。



自分の「異常性」に気づかない人たち: 病識と否認の心理