702: 名無しさん@おーぷん 2016/11/30(水)13:29:47 ID:???
半年ぐらい前のお昼時のマックにて、
「ブス」「ババア」
とか言いながら大声で盛り上がってる男子高校生の集団がいた。

ペーパーを取るために移動した際にチラッと見てみたところ、盗撮したと思われる女性の写メ?を取り囲んでいた。
「こいつはババアだけど胸がでかいから70点」
「○×(地名)ってやたら巨乳多いよな。撮影捗るわ」
「こいつはビッチ臭いから50点」
「こいつは歳いったブスだけどロリ連れてるから60点」
「幼稚園付近もいいスポットよなwww」
「ほらさ、ちょこっと、車に連れ込んでさ、幼女といいことしたくなるwww」




ちょっとマイルドな表現にしたけど、こんな感じのお喋りをしていた。
周囲にいた家族連れやリーマンがそっと席を移動したことにも気付いてない様子だった

最初見間違いかと思ったけど、その男子高校生の集団の中に五歳年下の従弟がいた。
(無理やり付き合わされてるのかな?)
とも思ったけど、割と積極的に「ブス」とか「ババア」とか言ってた。
向こうは私に気付いてなかった。

少し悩んだ結果、男子高校生の集団をスマホで音声付きで録画した。
従弟たちの高校は私の母校でもあるから、会社帰りに学校に寄って馴染みの先生に録画をお見せした。
こっちは
(ちょっと痛い目見やがれwww)
みたいな軽いノリだったんだけど…先生はかなりお怒りのご様子だった。


この後のことは家の事情だから流石に詳しくは書かないけど、
結論から言うと従弟は息苦しい生活を送っている。
パパがお家に介入しちゃったんだってさ。
「今までは私ばっかり叱られてスマホ没収されてたけど、父さんが家にいてくれるようになってからは弟ばっか叱られて常にスマホ没収されてる。
あのクソババアはずっとメソメソしてる」

笑いながら語った従妹の顔は、それはそれは晴れ晴れとしていた。



ガンの温熱化学塞栓療法―息の根を止めて焼き尽くせ (医学教養新書)
ガンの温熱化学塞栓療法
- 息の根を止めて焼き尽くせ -