551: 名無しさん@おーぷん 2016/10/30(日)11:30:40 ID:H65
結婚前の話し合いで、家計にいくら入れるか・家事をどう分担するか決めた。

でもいざ結婚してみたらぜーんぶ反故にされた。
私の方が元夫より30分早く出て2時間遅く帰るのに、彼は何もしない。
寝転がってスマホいじってるだけ。
お風呂の自動給湯ボタンすら押してくれない。

「結婚前に決めたじゃない」
と言うと
「後でやろうと思ってた」
「ギャーギャー言われるとやる気をなくす。
あーあ、今ので完全になくなった。
やるつもりだったのに~お前のせいだからな」

と小学生のような逆ギレ。

私が食事を用意するまで待てず(帰宅が21時だから、それから作る)、お菓子とビールで済ませ、周囲には
「メシも用意しない悪妻」
と言いふらす。
「家事しないくせに金まで吸い取ろうって言うの?」
と家計にお金も入れない。
「結婚してからモテるようになったわ~(チラッチラッ」
とこれ見よがしに複数の女とメール。




結婚わずか1年で病んだ。
この頃完全に感情が死んでた。
元夫は何人目のメル友に夢中で、
「こっちの女にすればよかった、人生無駄にしたわ~(チラッチラッ」

552: 名無しさん@おーぷん 2016/10/30(日)11:30:48 ID:H65
私のささやかな仕返しは、
元夫のメル友がヤバイメンヘラ相談女なのに気づいていながら放置したこと。

女同士なら一発でわかる
「あ、この女ヤバイ」
が元夫にはわからないらしかった。
親しくもないうちから身内のプライベートな相談。
しかも設定が『元貴族の没落したお嬢様』だとか、『食べるものもない』とか荒唐無稽。
二言目には金の無心を匂わすセリフ。
でも
「あなたがダメなら他の男に頼るわ」
と他にもいるのよとアピるのは忘れない。
どう見ても地雷です有難うございました。

でも夫が上記のことをノロケながらチラッチラッしてくるのを、内心
(フーン)
と思いながら嫉妬するふりしたり、
「そんなステキな女性に好かれてる貴方スゴイ」
と調子に乗せたりして、女に会いに行くのを黙認という名の奨励でのめりこませていった。

元夫が月に4~5日しか帰ってこなくなったので、浮気の証拠たっぷり持って弁護士に依頼した。
元夫は速攻で離婚に同意したけど慰謝料はゴネた。
あまりにゴネるから義父(マトモな人。義母はお察し)に弁護士と一緒に会いに行った。
そこからはすんなり。
こっちが提示した慰謝料の8割で手打ちして離婚。

離婚後一切の連絡を絶ったから詳しいことは知らないけど、
元夫は今無職で、車もマンションも手放して実家から心療内科に通ってるらしい。
実家経由で元義母から
「会ってやって」
と要請が来て、元夫がメンヘラになったと知った。
事情を聞きたい気持ちもなくはなかったけど、後が面倒そうだから何も聞かず、
「お断りします」
だけ伝えてもらった。

以上です。
あまりスッキリしなかったらすいません。



その気になった!