892: 名無しさん@おーぷん 2016/10/20(木)23:22:44 ID:OFD
私だけがスカッとした武勇伝。


私の旦那は親が早くに亡くなっため、自分の祖父母と年の変わらない人と養子縁組している。
旦那は末っ子だけど兄たちとは20歳以上離れている。

離婚と再婚を繰り返していた義兄(旦那の兄、五十代)が4回目の結婚したんだけど、義兄嫁(33歳)が宗教に狂っていた。
義兄は胡散臭い理論で世界平和を説く義兄嫁が可愛くてしかたないらしい。
そりゃ第一子と同じ年の嫁を貰えばかわいいだろう。

問題は義兄嫁の魔の手が私に伸びたこと。
旦那も私も二十代、更に旦那は私の苗字を姓を名乗ってたことで、旦那ではなく私に目をつけたらしい。
確かに男より女の方が宗教には勧誘させやすい。
妊娠や出産の不安・ご近所付き合いやママ友付き合い・旦那との確執・思い通り行かない子育ての悩みや社会からの疎外感・旦那の収入や老後の不安…。
狭いコミュニティに押し込められやすい女性ほど漬け込める隙は無数に存在する。
きっと義兄嫁もそれを目論んでたんだろう。




が、残念ながら私には先客がいた。
私の祖父母は熱心な宗教家、私の親は二世というやつで、私に至っては三世になる。
私自身は、宗教に興味関心どころか4歳の頃に
「神様なんて目に見えないものは存在しない、何に拝んでんだこの大人共」
と本気で吐き捨ててぶん殴られたこともある。
もし私が育った場所が奈良の片田舎でなければ児相に通報されてただろう扱いも頻繁に受けた。
全く信仰心を持たない私を勧誘しようと幼い頃から頻繁に家に押し入られ、勉強の邪魔をされた私は、耐性がつきまくっていた。

私は義兄嫁の電話番号を入手し、
私を勧誘にくる煩い宗教家共にその番号を送りつけた。
義兄嫁は
「私の教えを聞きたい人がいたら紹介してね☆」
と言っていた。
本人の希望もあるので個人情報云々の問題もない。
ついでに家にくるエ○バとか駅前で勧誘してくる変な集団や
「宗教勧誘ではありませんのよ、女性のお悩みを~」
とくる謎の団体等に、片っ端から義兄嫁の番号を教えた。

そのうち義兄嫁の電話番号が変わった。
でもまた私は親切に義兄嫁の勧誘を手伝ってあげた。
きっと義兄嫁も大好きな説法をやりまくれて喜んでいるだろう。



夢幻調伏 斎姫異聞 (講談社X文庫ホワイトハート)