172: 名無しさん@おーぷん 2016/09/28(水)15:24:02 ID:FTw
私が幼い頃から両親は共働きで、夏休みになるとカップ麺とかレンチンできるレトルトとか、小学生でも作れるものを毎日食べていた。
その時からレトルトやインスタントが大嫌いで
「食べ物がひもじいのは人生がひもじいんだ」
と謎の悟りを開いていた。
あと父も母も大病院勤務で、家の掃除をしてる暇もなく、部屋に貯まるホコリが気になって気になって毎日自分で掃除をしてた。
その頃テレビで「ほこりにはダニがー」とか、「カビの恐ろしさがー」とかやってたせいだと思う。
今もホコリもカビも大嫌いで、
「部屋が汚いと病気になる」
と思い込んでる。




大人になった今、旦那は私の食へのこだわりや潔癖気味な性質を理解してくれている。
同居で家族が多いことから、私はパート主婦をさせてもらってる。
食事は祖父母に合わせて栄養価や食べやすさを優先。
お味噌汁とサラダとデザートと言う名の乳酸菌の入った料理は欠かさない。
掃除も部屋が多いから一週間で一回りできるよう、毎日場所を変えながらその部屋にあるメンテナンスの必要な家電もぜんぶ分解掃除を行うし、キッチンと洗面台とお風呂場とトイレなど、汚れがたまると落とすのに苦労する場所は毎日こまめに掃除する。
バスタオルやバスマットなどは毎日洗わない人もいるそうだけど、私は耐えられないから毎日洗ってる。

これでも私にとってはまだまだなんだけど、よその若奥様たちからすると
「やりすぎ」
らしい。

この辺りの地域は自治活動が結構盛んで、消防団も残ってたりする。
喧嘩にならないよう当番で役員が回ってくるんだけど、旦那さんは働いてるから奥様達が出て来る。
この辺は新興住宅地なので私達の班は私含め二十~三十代の若い奥様が多くて、集会のあとは皆でランチしたり飲み会したりしてる。
消防団なんか毎夜23時過ぎまで飲み明かしてたりする。
私も誘われるけど、
「私は家のことがありますので」
と、必ずお断りして帰ってた。

それが
「できる奥様アピール?」
と目をつけられて、同じ班の若奥様たちから集中攻撃された。
ゴミを家の前にワザと落とされたり、子供に我が家の壁で壁当てされたり、うちのポストにボール当ててコントロールの練習したり。
全部警察に通報した。

ある日の活動集会の後、いつものように帰ろうとしたら
「子供もいないくせにそんな家のために時間取って何してんの?」
と詰め寄られた。
散々いびられて学習した私はいつものように隠しておいたボイレコの入った鞄を声を拾いやすいように置いた。
私の語る一つ一つのことにダメだしする奥様たち。
「バスタオルなんか毎日洗わなくたって旦那は気づかない」
とか
「料理なんか真面目に作ったって男は味に気づかない」
とか、そんなソフトなダメだしから始まり、奥様方の会話がヒートアップ。
私そっちのけで奥様方同士で会話の世界にのめりこみ、
姑が嫁にする“嫁の食事だけ生ゴミ”みたいな行為を、旦那さんたちにしていたと次々に暴露。

「レモン汁放置してたら中でカビはえちゃったから、勿体無くて旦那の焼き魚にかけちゃった」
とか、聞いてるこっちが吐き気を催すような発言もとれた。
「犬が食べ残した犬の肉の缶詰に焼肉ソースをかけたら旦那が喜んで食べた」
とか、他にも旦那さんの陰口や見えない嫌がらせの暴露の会話を集めた。

それを、奥様達に気づかれないように、少しずつ少しずつ何ヶ月もかけて、それぞれの旦那さんにデータにして渡していった。
一応『議事録の音声データ』として、奥様に聞かれないよう最新の注意を払って。
殆どの人は「自治会のことは妻に任せているから」と聞かずにスルーしてたけど、律儀な旦那さんの何人かが聞いてくれて、そこから旦那さんネットワークで伝わったり、夫婦喧嘩が外まで響いてたりしたことから、皆さんきちんと聞いてくれるようになった。
その結果、全員ではないけど一気に離婚祭りにまで発展した。


私の旦那は仕事に忙しい人で地域活動にはノータッチ。
なので真相は知らない。
他の家の人にも
「私が地域活動全部やりますから!」
と関わらせなかったので、具体的なことは何も知らない。
こんな性格悪い仕返しするために毎回すすんで全ての活動に参加してたなんて、真っ黒な腹の中を絶対知られるわけにはいかない。



よくできた地獄