807: 名無しさん@おーぷん 2016/07/29(金)14:25:11 ID:sQZ
昔、ある町が豪雨→川の堤防が決壊→洪水で水没した。
あっという間に水があふれたため高台への避難が遅れた人たちも多く、そういう人たちは家の屋根に上って救助を待っていた。

ある家の主婦Aさんは夫に連絡がつかず、おろおろしている間に避難が遅れ、やはり家の屋根に上がっていた。
一面の泥水に覆われた町を見回していると、向こうからガレキの間を縫って泳いでくる人が見えた。




(無茶をする人がいるなあ)
と思って見ていると
(夫だ!)

へとへとになって泳ぎ着いたA夫とAさんは、手を取り合って泣いた…
…とはならず、Aさんは屋根に上がってこようとする夫を水の中に蹴り落とした。

実はA夫は会社を休んでウワキ相手と遊んでいて、洪水になって家に帰れなくなってた。
雨が止んだところで
「キミが心配で、危険だとはわかっていても」
とAさんにアピールするために、わざわざ泳いできていた。
だけどAさんは夫の会社とは連絡がついていて、A夫がAさんに内緒で有休をとっていたことはばれていた。
ウワキに関してはその前からいろいろ怪しかったらしい。

「洪水離婚」として、うちの一族に語り伝えられている話。


809: 名無しさん@おーぷん 2016/07/29(金)15:31:18 ID:eZV
>>807
夫「全て水に流してやり直そう!」
Aさん「覆水盆に帰らず」

810: 名無しさん@おーぷん 2016/07/29(金)16:42:04 ID:Slj
>>807
>洪水離婚

なんだ生きていたのかw

808: 名無しさん@おーぷん 2016/07/29(金)14:41:31 ID:lK8
>>807
良い話だ



深海棲艦轟沈ピアノアレンジ「追想ダ・カーポ」