934: 名無しさん@おーぷん 2016/07/03(日)21:47:59 ID:3ej
よくある話だけど、職場のSさんの事。
なるべく削ったけど、長いです。

(私)入社。
職人職でまわりおっちゃんばかり。仕事教えてくれない。部署もたらい回し。
しかし踏ん張る。
三年後、一番世話になった統括上司に
「二人分の戦力」
とお墨付きもらう。
(頑張ってよかった)
と自信もついて忙しいと聞けばどこにでも応援にいった。




Sさん入社。
礼儀正しい、仕事覚えるの速い。
世間話する程度には仲良くなった、が、だんだん私にだけ態度が辛辣に。
嫌みや無視は我慢できたが、私が立てた個人スケジュールを出すそばから徹底的に駄目だしは地味にきた。
納期破った事も周囲に迷惑かけて仕事仕上げたことも、断じてない。
後から知ったが、他部署に
「(私)が要領悪くて計画立てられない、フォローが大変」
と吹聴してた。
これはたらい回し経験&応援行きまくりで私の存在を知っていた他部署人員、だれも信じず被害ゼロ。

だが仕事速いSさんを可愛がっていた直属の上司はそれを信じ、
「Sさんの能力が勿体無い」
と会議で訴え、とある新設部署のリーダーに推薦。
異動直前に、分かりやすい嫌みとしてもないのに嫉妬乙される。
管理職のおっさん共ヨイショしながら長いだけで実にならない会議を残業してまでするリーダーなど、
(数千円の手当だけでやりたがるなんてすげえやSさん)
と逆に感心する。

数ヶ月後、
(妙に社内でSさんを見ないな)
と思ったら。
いつのまにか辺境の子会社に転属してた。
新部署で
「自分の頭の中ではこの期間で出来る」
を元に進行計画を立てたら、納期直前に絶対に無理な状況に気付き大パニックと騒動を起こしていた。
また「仕事が速い」と言われていたSさんだったが、それは仕上げた仕事を一切見直しをしないからこそのスピードだった。
長い間発覚しなかったのは、納品先でセッティングする社員が気付くようなチマチマしたミスだったので現場で修正を繰り返し、本社に報告していないためだった(報告書と対策会議と大げさになるのが嫌だったらしい)。

私としては地味な嫌がらせのせいで自信を無くしかけていたのと、Sさんの姿を社内で見かけるたびに恐怖を感じるなど、精神的に辛かったので今は心からほっとしてる。



星になるには早すぎる