(※編注:トメ…姑。配偶者の母親。 コトメ…小姑。配偶者の姉妹。 コトメ子…コトメの子。姪。 ウト…舅。配偶者の父親。)

454: 名無しさん@おーぷん 2016/06/13(月)15:46:18 ID:RiI
トメさんとお茶してたら、コトメが
「コトメ子の園グッズ作れ」
って来たよ。
コトメ子は再来年度入園予定。
まだ願書も出してないのに、今年その幼稚園に入園した子のお母さんから寸法とか買いてあるプリントもらったみたい。
前から
「コトメ子の七五三の髪飾り等々作れ!」
っていうのを
「時間無いから無理」
って断ってたのを根に持ってるんだろうな。
「一年以上あるんだから大丈夫でしょ」
ってドヤ顔だったよ。
コトメこそ一年ありゃ作れるだろ。




諫めようとするトメさんを無視して
「残ってる布で適当にパパッと作ってくれればいいからー」
と言うので、
「コトメさんがそう言ってくると思って、もう作ってあるんですよ」
と、ベージュ地に黒の小花柄(子供が使うには渋すぎる柄)のレッスンバッグを差し出してみた。
案の定、コトメ大発狂。
「なに考えてるの!こんなババ臭い柄!信じらんない!」
「コトメ子が持ってたらいじめられるわよ!」
「だからあんたの子はセンス悪いの!よくこんなので作ろうと思ったわね!」

散々文句を言わせた後に、トメさんが一言
「これ、私の若い頃の服で作ってくれたのよ」

私が色々作るの好きだから、
「捨てるにはもったいないけど再利用してくれるなら…」
と、トメさんが昔の服をくれる。
柄とか形が時代遅れなのはトメさんも分かってて、私に「着ろ」なんて言ったことない。
確かに全面に出すと時代を感じる柄だけど、裏地とかポイントで使うとかわいいので、好んで使っている。
それがコトメには気に入らないようで、
「お母さんの思い出にはさみを入れるなんて!鬼嫁!」
「嫁なら(『着なくて良い』って言う)お母さんの謙遜(?)をそのまま受け取らず、有り難く着なさい!さもなくば実子とその子である私かコトメ子のものを作るべき!」
と、ギャーギャーうるさくて、トメさんとウンザリしてたんだよね。

「ごらんの通り、うちの嫁は『ババ臭くて』『センス悪い』布しか持ってないんだから、二度と強請ったりしないでね」
いつも穏やかなトメさんが冷たーく言い放ったら、コトメ、涙目で帰って行ったよ。
その日の夜、コトメからウトさんに
「嫁子がお母さんを洗脳してる!」
って電話来たみたいだけど、
「バカ言うな」
って逆に叱られてた模様。

小花柄のレッスンバッグは、ひっくり返してマチを作ったりしてトメさんの巾着袋として使われてます。
コトメの言うように子供が使うのはもちろん、大人が持つにもあんまりな柄だったので、もしコトメが使わせてたら…と思うとDQNかなと。
コトメ子はコトメ姑さんのおかげかいい子なので尚更。



るみちゃんの事象(3) (ビッグコミックス)