今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その11 より
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1451798260/

667: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)03:00:17 ID:6Hp
小学生の頃の話。

ある日の夕方近所を歩いていた。
道が五叉路になってるちょっと広い場所にさしかかったとき、向こうの角から人が二人もみ合うようにしながら、倒(こ)けつ転(まろ)びつ飛び出してきた。
まだ遠かったけど、大人の男性だというのは分かった。

それからすぐに、二人とも下半身になにも着てなくて、尻が丸出しなことに気づいた。

今思い出しても、もの凄く衝撃的な異常な風景だった。
私は怖くなって立ちすくんだんだが、二人は倒けつ転びつしながら私の居る方向へ進んできたので、慌てて私は五叉路の一つの角のお宅の生け垣の後ろに隠れた。

なんだかさっぱり分からなくてパニックでベソをかいてたら、そのお宅の奥様が掃き出し窓から
「どうしたの?」
と声をかけてくださった。
「あっちに変な人が…」
とか泣きながら言ったと思う。

その奥様が家に上げてくださって、様子を見に行ってくださったのを覚えている。
私はそこで、ヨックモックをご馳走になって、母が迎えに来たので帰ったように記憶している。
母と帰るとき、パトカーの赤いランプが見えたのも覚えている。
その後何度もそのときのことを思い出したが、どんな事件だったのかをちゃんと知ろうとしたことがなかった。

で、先週30年以上経って、事の真相を知った。
用があって件の角のお宅に伺ったときに、奥様がお茶とヨックモックを出してくださった。
ヨックモック プティサンクデリス
私が
「小学生の時にもご馳走になった」
と話したら、
「ああ、あの事件の時ね!」
と。
奥様は事件直後に真相を知っていたどころか、奥様がパトカーと救急車を呼んだのだそうだ。

668: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)03:01:11 ID:6Hp
以下伝聞。

お尻の二人は、近所の住人と、そこに訪ねてきた営業マンだったそうだ。
二人が玄関先で話していると、そこに突然中年の男が飛び込んできて
「○○という名前のヤツはどっちだ!?」
と叫んだ。
この○○とは、住人の男性の会社の同僚で、まったく別のところに住んでいる人物だったらしい。

二人がキョトンとしていると、中年男は
「答えないなら二人ともヤッテヤル!」
等叫んで、二人の股間に向けて何かの液体をガバガバッと掛けた。
そして
「二度とデキナクシテヤル!」
等と叫び高笑いをした。
二人は何かの薬品を掛けられたと思いこみ、慌てて飛び出して、掛けられた液体を体から離そうとズボンを脱がしあいながら逃げていたそうだ。

あとで分かったこと。
ある娘さんが、○○という男に捨てられて嘆き悲しんでいた。
中年男は娘が振られた恨みを晴らすため、
「○○のチソチソをダメにしてやりたい」
と思った。
しかしダイレクトに暴力を振るうのは抵抗があるため、チソチソにダメージを負ったと思い込ませ、インポにしようと考えた。
中年男は大きなポリタンクに消毒用アルコールや水をまぜたほぼ無害な液体をいれ、なぜか間違えて○○の同僚の住人の家へ行った。
そこには男が二人居て、どちらが○○か分からなかったため、二人共に液体を掛けた。
つまり、液体自体はほぼ無害だったと。

奥様が道へ出て行ったとき、下半身丸出しの二人はもう気が狂わんばかりに助けを求めていたそうだ。
で、奥様がパトカーや救急車を呼んだことで感謝され、後に二人はそれぞれお礼に来て色々話していったそうだ。
警察からも事情を聞かれた流れで、そこそこ話を聞いたらしい。

知ってみると、なんともまぬけな珍事件だったよ。
でもね、真相がどれだけまぬけでも、私が記憶しているあの異常な風景は、全然色あせないよ。
もみ合いながら転がり出てくる男性の尻が丸出しなことに気がついた時のあの絵面は、真相を知ってもやっぱり衝撃的な思い出だ。


669: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)03:17:19 ID:7eo
>>667
読んだこっちも衝撃だったよ

そしてゲスイ想像いっぱいしちゃって
おーぷん脳だと自覚したよ……

670: 名無しさん@おーぷん 2016/02/13(土)03:23:00 ID:DLo
>>668
ゲイの痴話喧嘩に遭遇したのかと思ってたのに、まさかの人違い被害者だったw



やってやるって!!