377: 名無しさん@おーぷん 2016/01/30(土)10:05:21 ID:tph
結婚する前に付き合ってた人が既婚だった。
付き合ってしばらくしてから、奥様から連絡があり妻帯者で子供までいることを知った。
自分は絶対不倫なんてしないと思ってたからショックだった。

奥様とお会いしたときに謝罪はしたが、それはもうひどく罵倒され、職場にまで凸され、就職氷河期にやっと手に入れた職場をあきらめざるを得なくなってしまった。
別に職場に深い気持ちがあったわけではなかった。
でも本当に騙されるようにして付き合ってしまい、既婚だとわかってすぐに別れ弁護士を挟んできちんと書面を交わして別れたのに、そこまでされて職場を離れることがどうしても納得できなかった。
我慢すればよいと思われるだろうが、毎日のように私の名前を会社の受付で叫ばれることを一ヶ月近くも続けられると事情を知っている職場の人たちからも敬遠され、退職せざるを得なくなってしまった。




その後会社を退職した私は、退職の際に得た微々たるお金を使い、興信所で元彼の調査をした。
そして元彼と元彼奥が美人局的なことをやっていることを知った。
たまたま私は、
「示談にするのは私が悪いことになる」
と思い弁護士を間に立てたので、元彼たちにお金を払わなかった。
そのことが元彼奥の怒りに火をつけたらしく、あんな嫌がらせをされたみたいだった。

いつか仕返ししてやろうと思って私は、1年に一度、元彼一家の現状調査をしてた。
今考えると
「なんでそんなことにお金を払ってたんだろう」
と思うけど、意地でも仕返しをしないと気が済まなかったんだと思う。

それから何度目かの調査で、元彼一家が家を買ったことを知った。
ちょうど子供も小学生の高学年になろうかというころだったので、
「やるなら今だ」
と思った。

元彼の美人局疑惑の経過を簡潔に書いた紙とそれを知るきっかけになった調査書のコピーを200部ほどすり、元彼が買った家の近くの家に一軒一軒ポスティングした。

その後一度だけ元彼の現状調査をお願いしたが、
「会社も退職していて家も違う人が住んでいます」
とのことで、
「余分に費用がかかりますがどうしますか」
と聞かれたので、そこでやめにした。

今考えると本当にひどいと思うし、無駄なお金を使ったなと思うけど、すっきりした。
ただこのことを夫や友人には話せないなと思う。



ご近所の悪いうわさ 2011年 01月号 [雑誌]