344: 名無しさん@おーぷん 2016/01/24(日)14:03:37 ID:Msh
そこまで黒くはないかもしれないです。
他の人に比べたらインパクトに欠けるかもしれません…。
また、文章を書き慣れていないのでとてつもなく無駄に長くなってしまいました。


私は高校卒業後、男女比率が3:7(男:女)くらいの専門学校に進学しました。
ほとんどの学生が生まれも育ちも首都圏(ほぼ東京)。
また、その専門学校の立地的に中学・高校時代に制服での満員電車通学を経験した女子生徒が多く、よって痴漢被害にあったことのある女子も多くいました。

そんな私たちの同期生にとある地方から入学してきた女生徒(以下A)がいました。
「牧場と畑しかない場所から越してきた」
と面白おかしく田舎話をしてくれる話上手な子で、気が強くサバサバしていますが、小柄でおしゃれで可愛く、最初は皆、彼女となにごともなく楽しく過ごしていました。

しかし、何がきっかけか忘れましたが、女子だけの場で痴漢の話になったとき、Aが以下の様なことを何故か強く主張し始めました。

「痴漢にあうのは自衛できていないから(ミニスカート着用等)
「手が当たっただけのことを痴漢と勘違いしているだけ」
「痴漢自慢するのは痛い」
「痴漢自慢するのはブスが多い」「みんなは可愛いけど」と一応フォロー)

誰も痴漢自慢はしておらず、単に高校生時代のイヤな思い出として愚痴っていただけですし、女子だけの場で痴漢にあったことを"自慢"する意図がわかりません。
手があたるとかだけでなく、精液を擦り付けられる・降車後も付け回される等の明確な被害も多かったですし、私も含め3年間ずっとひざ丈スカートで登校した女子も少なくないです。
高校時代は痴漢や通学路での変質者に対する注意喚起が朝礼で行われたりもしていましたし…。
そもそも制服時代に都内での電車通学を余儀なくされた私達からすれば「痴漢」というのは、悪い意味で日常の一部のような感覚があったので、Aの反応の仕方に違和感を感じました。

そこでAにいろいろと聞いてみると
「電車通学をしたことがない(中・高ともに親が送り迎え)
「住宅街の暗い道等(変質者が出るような)も歩く機会がなかった(基本的に移動は車)
ということのようで、
(それなら私達と認識がずれていてもしょうがないか、素朴なんだな)
と納得し、それ以後Aとも元のように普通に仲良くしていました。

しかし、後日、そのAとの認識のずれが原因でかなり致命的なことが起こってしまいます。




345: 名無しさん@おーぷん 2016/01/24(日)14:05:22 ID:Msh
ある日、お笑いキャラで決して美人とは言えないBが学校で私達と顔を合わすなりワッと泣き始めたのです。
話を聞けば、
『通学に使う満員電車で男性3名ほどに囲まれるような形で痴漢に遭い非常に怖い思いをした』
ということでした。
高校生の頃に聞いた話ですが、数名で示し合わせ女性が逃げられないようにしてから痴漢するという、卑劣なプロ?のような痴漢もいるとのことだったので、私達は泣くBを皆で慰めていました。

ところがもともとBとはあまり反りのあわなかったAが、そこでまた前述のような持論を、やや遠回しではありますが主張し始めました。
私達もさすがに酷すぎると思い
「それは今ここで言うべきことじゃない」
という感じのことを言うと、それにカッとなったのかAは、
「こんな感じの子(たぶんブスという意味)でも痴漢する物好きがいるんだね、よかったね、結婚できる可能性あるみたいだね」
などと捨て台詞を吐き、私達のそばから離れて行きました。
私はAに対し正直キレていましたが、BはAの発言でかなり傷ついたようで怒るというよりは呆然としていました。

そして、私達が気付いた時には
「(私達)やBは少し手があたっただけの男性を痴漢として警察に突き出す冤罪製造装置」
(実際に痴漢を警察につきだしたことがある女子は一人しかいない)
「『それはおかしい』と正論を言った私(A)を仲間はずれにした」
「痴漢にあったことのない私(A)は『ブス』だと罵られた」
と言うことを男子達に吹聴しており、私達が完全なる悪者になっていました。

それでもう私達もAと仲良くすることは諦め、結局Aは男子といる時以外はひとりぼっちになってしまいました。
私は内心軽蔑しつつもときどき一緒に帰ったりはしていましたが、学内では完全に他の女子に冷ややかに扱われている状態でした。

346: 名無しさん@おーぷん 2016/01/24(日)14:06:40 ID:Msh
そしてそのまま2年生になったある日、Aが学校を2日連続で休みました。

私達は特に心配することもなく過ごしていたのですが、何故か私にAからSMSがあり、
「相談がある」
というのです。

なんだろう、と思いつつ学校終わりに会うと、
「男子生徒Xが『相談がある』というので家に入れたら無理やりヤられてしまった」
「殴られはしなかったが力いっぱい殴るポーズを取るので怖くて抵抗できなかった」
「写メをとられやんわり脅された」
「財布から3万円取られた、ブランドのバッグと時計も取られた」
「恥ずかしくて親にも警察にも行けなかった」
「Xに会いたくなく、学校に行きたくない」
「これからどうしたらいいか」
「また、家に一人でいるのが怖いが今月はもう金がないのであなたの家に泊めてくれないか」
と、泣きじゃくりながら訴えるのです。

Aは仕送りだけで生活しており、バイトもしていないため友人と呼べるのは学校の男子だけですが、男子に相談するのは恥ずかしく、また女子では私くらいしかまともに話してくれる人がいないので、消去法で私に相談を持ちかけたのだと思います。

私は心底Aに同情しましたし、Xを警察に突き出したいとも思いましたし、泊めてあげたいとも思いました。
でもそれと同時に、
(AがBや私たちに言ったようなことをそのまま言ってやりたい)
という暴力的な衝動も湧き、結局私は
「レイプ自慢痛い」
「男を家に上げるお前が悪い、ヤられても仕方ない」
「本当にレイプなの?あなたが嘘を付いているだけじゃない?」
「あんたみたいのをレイプする男がいるんだね、物好きだね」
等と言い、うつむいてひたすらしゃくりあげるAを残して帰宅してしまったのです。

そしてAはそのまま1日も登校せず退学し、地元に帰った、ということでした。
退学直後Aに会った男子によると、Aはリスカ等を繰り返すメンヘラになっていたそうです。
私はAと最後に会った後、即効で着拒したので、詳しくは何も知らないのですが。

その後1年位はビクビクしていました。
私のせいで自殺なんかされたりしたらどうしよう、と。
遺書に名前でも書かれたらどうしよう、と。
自分本位な心配ですが…。
今もFacebookで検索してみたりしていますが、見つかりません。
どうなったのか、すごく気になりますが、知るのも怖い、そんな心境です。

今思えば、あのころ私は小柄で痩せていてオシャレでお金持ちでモテて気の強いAにかなり嫉妬していたように思います。
だからあんなひどいことを言えたんだと。
正直、今もざまあみろ、という気持ちが10%、いや30%くらいはあります。
Facebookでもし見つけたとしても、すごく勝ち組で幸せそうになっていたら、逆にイヤかもしれないです。

よく考えたら私は現在進行形で心が真っ黒のイヤな奴みたいです。



性犯罪被害にあうということ