734: 名無しさん@おーぷん 2015/10/21(水)00:07:08 ID:F4m
以前に勤めていた会社での話。
汚い話なので苦手な人は注意してください。

会社は最寄り駅から徒歩30分かかる場所。
田舎なので社員はほぼ車持ちだったが、電車通勤の人もちらほらいて、時々は仲の良い子に車で駅まで送ってもらったりしてた。

電車通勤のA子は、いつも終業間近になると
「疲れたわ~、これから歩いて帰るの大変だわ~、車ある人はいいわね~」
と誰彼構わず話しかけまくる。
“私を送っていけアピール”が激しすぎてウザいので、みんな
「大変だねー」
の一言でスルーしていた。

しかし、そんなA子の作戦がようやく功を奏した。
派遣で入って来たばかりのオバチャンがA子の話を聞き、駅まで乗せていく約束をしたのだそうだ。
それも、
「時間が合えば毎日でもいい」
と請負ったらしい。
実際それ以降は毎日オバチャンはA子を駅まで送り、さらに朝も駅まで迎えに行くようになった。
話を聞きつけた何人かは
「断ってもいいんですよ」
とやんわり忠告していたが、オバチャンはカラカラ笑いながら
「大丈夫、大丈夫!」
と言い張るので放っておくことにした。




だが、それから半月もしないうちにオバチャンが音をあげた。
(毎日送迎してるんじゃ無理もないが自業自得)
と思いながら話を聞いてぶっとんだ。
なんと、A子はオバチャンの車の後部座席で鼻をほじり、ブツをシートに擦りつけていたんだそうな。

ミラーで現場を目撃してしまったオバチャンはびっくり仰天したが、
「見間違いかもしれないし…」
と思い、悶々としつつも何も言えずに笑顔でA子と駅で別れたのだそう。
しかし、それから意識してミラーを観察していると、
やはり鼻をほじりブツをシートに擦りつけている!
なんで他人の車に、しかもようやく捕まえた運転手のにそんなことが出来るんだ?

その話はまたたく間に会社中に広まり、A子の耳にも入ったらしく、一月ほどで会社を去っていった。
オバチャンは悲壮な顔で
「A子は気付かれてると思ってないだろうし、はっきり言うのはかわいそうだし、でも今さら送迎したくないと言えないし…」
と本気で悩んでいたのだが、
それをギャラリーがいっぱいいる食堂でデカイ声で話していたので、
案外狙っていたのかもしれない。



聞かせる技術