82: 1/2 2015/08/28(金)16:42:36 ID:E7R
最終結果は自滅だけど、そうなるよう仕向けた復讐。
スマホからであまり校正してないので乱文失礼。

俺は物心ついた頃から野球バカで、小学生の頃はリトルに入って野球ばかりしていた。
低学年の頃は試合にはでれないので、特に序列もなく和気あいあいでやっていた。
ところが高学年になりレギュラー争いが始まると、それまで仲の良かったNが豹変した。

当時ピッチャー志望の同級生は俺とNを含め5人。
Nがエースで俺が二番手だった。
エースのNの実力は高く、二番手とはいえ俺は実質登板機会なしだった。

だがなぜかNは俺を目の敵にし、陰湿ないじめを繰り返した。
幸い些細なことばかりな上俺自身が生来楽天家なこともあって、ほぼスルーしていた。
だがそれが余計にNをヒートアップさせたらしい。

6年生のある日、練習終わりの帰り際にNに突き飛ばされ、俺は河川敷の堤防から転落した。
利き手を痛めた俺はピッチャーを続けられなくなった。
目撃者もおらず、事故扱いとなった。
俺はピッチャーができなくなったショックで何も言えなかった。

中学に上がった時、野球はもうできないと思っていた。
けれど、恩師の勧めでポジションを変更して続けることにした。
キャッチャーに転向した俺は、毎日のようにバッティングセンターに通って捕球練習をした。
三年頑張って続けた結果、レギュラーも獲得し、キャプテンも務めることができた。

高校に上がってもキャッチャーを続け、大学は教育系に進もうと決めた。
自分の経験をもとに、怪我をした子に野球を続けさせてやりたいと思ったから。




83: 2/2 2015/08/28(金)16:43:07 ID:E7R
だが、大学でNと再会してしまった。

Nは中高と中堅私立に進学し、そこでエースを張っていた
そこそこ名前も売れていたし、当時のドラフトレポートに名前だけではあるが出たこともあった。
なぜ教育系の大学の、大して強くない野球部に来たのかはわからない。

そして新歓のあと寮に戻る道すがら、ほろ酔いだったNは俺に絡んできた。
「まだ野球やってたのか」
「さすがにピッチャー続けれないよなあれじゃ」
「まぁ、どうせ続けててもヘボピッチャーだっただろうし、いいんじゃね?」
「あ、キャッチャーとしてなら組んでやってもいいよ」

など、散々なことを言われた。

謝ってきたなら許しただろうし、黙っていれば許せなくても飲み込んだと思う。
けれど、反省のかけらもない態度に怒りを覚え、復讐することにした。

ただし、同レベルに落ちるつもりはなかった。

俺は黙ってNとバッテリーを組んだ。
さすがにリストアップされるだけのいい球を投げていた。
ただ、すべての球種に自信があるためか、配球に関しては全く興味を持っていなかった。
また、ピッチャー以外のポジションについても基本的なことしか知らず、細かいテクニックには無知だった。

そこで俺は、先輩の球を受ける時とNの球を受ける時で細かい差をつけることにした。
大雑把に言うと、先輩と組む時は打たれにくい配球をし、きわどいコースがストライクになるようキャッチした。
Nと組む時は、その逆をやった。
当然、N以外と組んだ成績は悪くないし、俺とNの因縁など誰も知らないのでバレる要素もなかった。

Nは前評判を覆すほどに打たれ、焦ったNはフォーム改造と無茶な練習を繰り返していった。
それに乗じて、明らかに肩肘を痛めるであろうフォームで投げている時を狙って、いい音を立ててキャッチしてやった。

結果、二年の秋にはNは故障。
プロを諦めれず手術したものの復帰時には120キロも出せなくなっていた。
Nは退部し、同時に大学もやめて地元に帰っていった。

俺は四年までキャッチャーを続けたが、それできっぱり野球をやめた。
指導者になる道に未練はあった。
けれど、自分のエゴ、復讐のために1人の、しかもプロになる可能性もあった選手を壊した。
そんな自分が子供たちを指導するのが怖かった。
いつか同じことを教え子にしてしまうかもしれないのが嫌だった。

俺には今、妻と息子がいる。
息子は来年から、俺がかつていたリトルのチームに入る。
妻も息子も、俺が野球をしてたことを知らない。
俺を知っている人もチームにはいない。

偶然なのだが、息子がキャッチャーをやりたいと言っているのを聞いて、その夜は1人で泣いた。
だが、俺が息子を指導することは、絶対にない。 



鞭打たれる星 (創元SF文庫)