59: 名無しさん@おーぷん 2015/03/28(土)18:54:13 ID:23W
フェイクあり。

親に連れられて昔住んでた田舎にある祖父母んちに行った。
そしたらそこに住んでた池沼(一応親戚)に畑で襲われた。
こっちはスポーツしてたけど女子だし、池沼は動けるデブだったし、怖くて目を突いて隙見て山の方へ逃げた。
逃げる私、追いかける池沼(「うぉー」って言ってた、叫ぶでもなく)。
すると途中で池沼、石踏んでバランス崩して道路から下にスッテンコロリンと転落。

祖父母んちは田舎の山の中にある。
山の中というか、もろ山岳地帯w
道路はすごく綺麗に舗装してるのになぜかガードレールがところどころにしか無い。
どういう過程でそうなったのか分からないけど、ちゃんとした道路なのに川(沢?)が横切ったりしてる。
フラットな道路の上を山から水(少量)が横切って流れて反対側に落ちてるようなところで、アスファルト上にゴロゴロ石が転がってて、
私に目を突かれたことで石が見えなかったのかそこですっ転んだ挙句、5メートルくらいかな?落ちていった。
チラっと後ろ振り向いた瞬間に転んでたよ。
戻って下見たら大きな石の上で池沼ピクリとも動かない。




それで祖父母んちまで逃げて事情を話したらオバさん(池沼の親で祖父母の姪、父の従姉)がなんか発狂して首絞めてきたw
大騒ぎになったけど池沼は病院へ搬送(救急車より早いからと引き上げて軽トラで)。
オバさんはいろいろあって池沼と一緒に祖父母んちに越してきてたんだけど、この一件が原因で出て行った。
池沼は半身不随になり(本人はさして気にしてない模様)、オバさんはただでさえ可怪しかったのに本格派になって通院に。


小さいころからこの池沼嫌いだったんだよ。
ベタベタ触ってくるし力加減出来ないから人のことおもちゃみたいに扱われたし。
だから山の方へ逃げたんだけどね。
離れすぎないように逃げて途中で撒いて行方不明にしてやろうと思ってた。
昔住んでたから地の利もあったし、2~3日山ん中で彷徨えば反省するかな?って。
まさかこうなるとは思わなかったけど、別に後悔はしなかった。
だってもう女の子追いかけ回すことも出来ないし、ちんこ勃てて抱きついてくることもないから。
結果オーライかなって思ってる。

去年私が結婚したことを知ったオバさんから
「責任とって池沼ちゃんと結婚してくれるんじゃなかったの!?」(意訳)
ってふじこった連絡(10年振り)が来たので絶縁記念カキコ。