242: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)11:39:50 ID:A54
>>235 (※編注:こちらのお話。)
同一人物か?ってくらいそのAと似てる奴を知ってる。
ただし俺の同僚じゃなく中学の同級生だが。

違うのはそいつ(Aとする)には取り巻きのような奴らが数人いて、Aが
「もっとうまくやれないのかよ、考えが足りない。だからお前らはバカ」
という発言をするたびにAの周囲で
「そうだそうだ」「Aもっと言ってやれー」
ともてはやしていた。
リア充でもお調子者グループでもない、なんか微妙な奴ら。
普段は目立たないがAと一緒に誰かをバカにする時だけはイキイキしていた。

二年の時、クラスメイトBの家が火事になった。
Bの家にはボケちゃったばあちゃんがいて、ばあちゃんが夜中に起きてタバコを吸い、そのタバコをちゃんと消さなかったとかなんとか、そんな原因だった。
Bの家は全焼まではいかなかったが放水で水びたしだし壁のほとんどがなくなり、とても住んでいられなくなった。




243: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)11:40:01 ID:A54
Bは二日か三日休んでから登校した。

登校したBにAが素早く寄っていって、
「ボケたババアがいるなら、あらゆる可能性を考えておくべきだろ?
なんでタバコをババアの手の届く所に置くんだ?
なんでババアを施設に入れておかなかった?金がないのか?
親父が安月給?母親も働けば?
先を見越して動かないからいけない、自業自得。被害者ぶるな」

というようなことをダーっと言った。
Aの取り巻きも寄ってきて
「そうだそうだ」「同情してもらおうとするな」
と笑った。

他のクラスメイトが怒り、
「おまえの言うことはただの理屈。24時間100%完璧にできる人間なんているわけないだろ」
「ボケ老人の介護で手一杯な家庭に、母親が働けとかお前が言う筋合いない」
と反論したが、
「集団ヒステリーはこれだからw」
とAは逃げて行った。
Bは具合が悪くなり保健室へ行った。

244: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)11:40:18 ID:A54
その後、保健室の先生から担任に話がいったようで、Aの言動がHRの議題になった。

Aは最初は自信満々に
「俺間違ってない」
な態度だったが途中からおとなしくなっていった。
取り巻きが全員
「俺達そんなこと言ってない」「Aがおかしい」
と裏切ったからだった。
Aはそいつらに好かれてると思ってたのにHRでさんざん言われて涙目。
クラス中に非難され、担任に
「Aは情緒の発達が遅いようだから云々」
ととどめを刺されていた。

その後Aは毎日三年生のCという奴に呼び出しを食らうようになった。
CはBと同じ部活のキャプテンでBのことが好きらしく、話を聞いて怒ったようだった。
呼び出して暴力とかじゃなく、
「なんであんなこと言った」
「Bの気持ちを考えてみろ」

と懇々と熱い説教だったらしい。
それが毎日毎日続いた。

取り巻きはいつの間にかすっかりアンチAになっていてそんなAをあざ笑っていた。

245: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)11:40:27 ID:A54
Aは気づいたら影の薄い奴になっていて三年時の記憶がほとんどない。
学校も休みがちになってたと思う。
来ても友達いないから。


元Aの取り巻きは三年になってもそいつら同士でくっついて行動してたが、修学旅行の班分けで
「リア充グループに仲間に入れてもらいたい」
と主張した奴がいて、そこから仲たがいしてグループ瓦解していた。
でも結局リア充グループには入れてもらえてなかった。

以上。



友だち幻想―人と人の“つながり”を考える (ちくまプリマー新書)