233: 名無しさん@おーぷん 2015/03/23(月)18:06:48 ID:Tk2
非常にうざったい同僚がいる。以下Aとする。

昼休みに皆でしゃべっていると、まあたまに愚痴っぽい話題になることがある。
たとえば
「車上荒らしにあった」
とか
「親(毒親)に金たかられてる」
とか
「契約寸前で横から他社にかっさらわれた」
等の話。

皆が
「えー大変だったなあ」
と同情してると必ずAがやってきて、
「車上荒らし?治安の悪い場所に停めるからだろ。事前調査が足りてないよw」
「金をたかるとわかってる親と連絡取れる状態にしてるのが悪い。危機感なさすぎw」
「他社が割り込んでくるのなんか想定の範囲内だろ?何年この仕事やってんだよw」
等々と嘲笑ってくる。
そりゃ理屈はそうかもしれんが、現実にはそうそうなんでもうまくいくもんじゃねーよ。
と反論したらしたで面倒なので、皆表だっては穏便にすませていた。




234: 名無しさん@おーぷん 2015/03/23(月)18:07:04 ID:Tk2
ある時、会社に関係のある某氏が不幸に巻き込まれた。
特定を防ぐため詳細は伏せるが、「運が悪かった」としか言いようがない巻きこまれ方で、通り魔にあった的な、某氏にはまったく落ち度のない不幸。
某氏は一命をとりとめたが障害が残った。

皆がお見舞いはどうしよう等と話し合っていると、Aが来て言った。
「見舞金は有志でしょ?俺出さないから」
それはまあいい。
問題はそのあと。
「某さん、よっぽど日頃の行いが悪いんじゃないw」
さすがに皆怒り、
「不謹慎だ、第一某さんは日頃の行いからして立派な人だ」
と言い返すと
「じゃ、前世の行いが悪いんだろw」
そこで課長が叱責し、Aは渋々黙った。

その後某氏へのお見舞金が包まれたが、有志にAは参加しなかった。

235: 名無しさん@おーぷん 2015/03/23(月)18:07:18 ID:Tk2
2年くらい経った頃、Aが事故で入院した。
社から見舞いに行った者はいなかった。見舞金が包まれることもなかった。

Aは自分のことを
「毒舌で頭の回転が早い、お調子ものキャラの人気者」
自己評価していたらしく(退院後自分でそう言った)、かなりショックだったらしい。

退院後まわりに愚痴ろうとしても、皆足早に立ち去るだけだった。

Aがいない時、社員Bがぽろっと
「性格悪いのは承知で、
『交通量の多い道をスピード出して走るから事故るんだ。事前調査が足りない』
って言ってやりたくなる。あいつと同レベルに落ちたくないから言わないけど」
と言った。
皆それに賛同し、Aは結局辞めたが、最後まで誰もやつにその手の台詞は言わなかった。
送別会は開かれなかった。

ぬるいけど、最後の最後まで誰もあいつのレベルに付きあってやらなかったことが仕返し。



勘違いのサル―日本人の貌、作家の貌 (PHP文芸文庫)