910: 名無し 2014/08/25(月)13:37:54 ID:Otsvm2zxi
俺は友達と地元の大学の女子二人と有名な心霊スポットへ出掛けた。
何もないし何も起きなかった。

自分たちは大学生らしく夏休みの思い出と遊び相手ができれば良かった。

女子の一人が泥を踏んでしまい俺の友達の車を汚してしまった。
その女子はあんまり可愛くないし、リアクションもない、会話が途切れるようなタイプで俺も俺の友達も圏外。
俺の友達はやりチンなので軽くキレて、車を汚した女子を遠ざけて、帰路の最後にもう一人のカワイイ胸の大きい女子と飲み直そう(俺の部屋へ行こう)という流れに持っていった。
そして、自分はおかずのおこぼれ(写メ)を期待して冴えない女を友達の代わりに送っていった。

それにしても・・・この冴えない女に見覚え?いや、面影があった。

俺 「もしかして、中学のときの00さん(いじめられっ子二人組の一人)?」
冴えない女 「そうだよ。
にしてもさ、私はアンタには恨みないから忠告しとく。
この後、アンタの友達には近づかないほうがいいよ。
察しはつくだろうけどあのカワイイ女の子が△△、本人は性病をわざわざ貰ってきて、今日みたいにいろんな奴に復讐してるから。」


俺はその日から語学留学のために必死でバイトして、金が溜まると急いで逃げた。
俺の友達は俺が日本に帰るまでに死んだ。



思い出した思い出した (MEG-CD)