今までにあった修羅場を語れ【その4】 より
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1406115142/

578: 名無しさん@おーぷん 2014/08/23(土)10:52:01 ID:NHt9m1yzv
父方の祖母が末期がんで非常に苦しんで死んだので、
「延命措置はしないでほしい」
と父親から言われていた。
姉2人と兄1人は遠方で住んでいて、実家の近くに住んでいたのは私だけだったので、必然的に私と母で父の介護をしていた。
入院してたこともあって、一般で言われるほど大変な介護ではなかったけど、非常にさびしがり屋な人だったので、毎日顔を見せに行って時間のある時は一緒に食事をとったりと、父が入院しているときは自分の時間はほとんどなかった。
姉たちは遠方ということもあって電話はしてくるけど、見舞いになんて数えるほどしか来なかった。



ある日、母親が父の着替えを取りに行って銭湯でちょっとゆっくりしてくるから父といてやってくれと頼まれて、私が父と2人きりの時に父の容体が急変して心肺停止になった。
医者からは家族が私以外いないから強心剤を打つかどうか聞かれたんですが、私は断りそのまま臨終となった。

それまでは父が延命だけはしないでくれという言葉に残りの家族は同意をしていたのに、そのまま父を逝かせたことを、兄弟だけでなく母からも責められた。
最後に生きてる父に会いたかったと言ってひどくなじられたときが修羅場だった。
葬式が済んでしばらくしてから謝罪され、許したふりはしたけど心の底では許せなかった。

最近になって母が体調を崩して入院したけど、病院には行っていない。
母から連絡があったのだと思うけど、兄弟から母の様子を見に行ってほしいとの連絡があったけど、また父の時のようになるのが嫌だからと断った。
遠方の兄弟のことは心配して、季節になると食べ物を送ったりお金を送ったりして、私には感謝の言葉すら出し惜しみしていた母のことを心のどこかで恨んでたんだと思う。

決して母のことが嫌いだったわけではないのに、このまま何も言わずに姿を消そうかと考えてる自分の心が恐ろしい。
今も電話が鳴ってる。
たぶんは母か兄弟からだと思うけど、このまま放っておこうと思う。



私たちの終わり方 (学研新書)