因果応報かんじたとき より
http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/live/1369038837/

25: 名無しさん@おーぷん 2014/08/12(火)08:11:38 ID:XoEWuxeqa
自分からもこっそり。

私の兄ははっきり言ってサディスト。
小さい頃からつねられたり小枝や竹の棒で刺されたりしてた。
私が泣いたり我慢してたりするとニヤァーっとする。
その顔に怯えるとさらに嬉しそうにしてた。

そのうち私が兄の行為につとめて反応しないようにするとアテが外れたのか、つまらなさそうな顔をするように。
しかしある時エスカレートしてきたため抵抗して暴れると揉み合いになり、私は転んで段差を落ちて腕を折ってしまった。
兄が直接折ったわけじゃないが、私がア"ーって叫んでるのを兄は上から何もせず見てた。

その件が原因で両親は離婚した。
私は父に引き取られた。
普通逆かなって思うけど、母は兄をかばって私を非難したらしい。
それまでのことも知ってたんだと思う。覚えてないけど行為の初期の頃は母に兄にやられたって言ってたんじゃないかな。



26: 名無しさん@おーぷん 2014/08/12(火)08:16:23 ID:XoEWuxeqa
それからしばらくは父の地元に帰り、父と祖父母と暮らして、そのうち新しい母ができた。
平凡に楽しく過ごして就職して暮らしてると、旧母から手紙がきた。
父宛てと私宛て。
父は読まずにコンロで燃やしてた。
私は迷ったけど読んだ。

兄はやっぱりというかそのまま真っすぐに歪んでくれてたようで、旧母は兄のサディズムのターゲットになってた。
兄は彼女ができてもすぐ別れて結婚は出来ず。といってもまだ30だけど。
それで10年以上耐えてきたけどもう無理助けてくれと。

旧母はかわいそうだなって思ったけど自業自得じゃないか。
私の心中ではびっくりするほど他人ごとだった。
でも旧母に情はまったく無いけど、兄には初めて怒りを覚えた。
それまでは怖いとか嫌いとか死ねばいいのにとかだけだったんだけどね。

27: 名無しさん@おーぷん 2014/08/12(火)08:20:04 ID:XoEWuxeqa
だから電話した。
旧母を心配するフリしていろいろアドバイスした。
結局旧母は私のアドバイスをどう理解したのか、自己流のお薬入り食事療法を選んだらしい。
一度だけ連絡したけど、兄がロクに喋れず車椅子生活になっててその世話焼くのが嬉しそうだった。
暴力さえ無いなら、そんなお荷物でも可愛い息子。
捨てる気はないらしい。

因果応報とはちょっと違うかな?
まあいいや



毒を盛るか愛を盛るか―女が変える食のかたち