若干黒い過去を吐き捨てる より
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1396394364/

43: 名無しさん@おーぷん 2014/08/07(木)19:01:16 ID:RHyfqBsVm
小中高と、私に嫌がらせをしてきた女がいた。
A子だ。

中学が一番酷くて無視・ハブりをクラス巻き込んでやってきた。
1年後半と2年生の間、ほぼぼっち。
部活があったからなんとか通えた。

高校ではケロっと、まるで無かった事みたいに話しかけてきたが、嫌味とか私sageの毒とかが必ず1回は含まれてた。なんで同じ高校になったのか心底悔やんだ。

A子は私を格下の友人(またはそれ以下のなにか)と思ってるようだった。
美人だが性格のせいで、手下や取り巻きはいても友達らしい友達はいなかったA子。
だからだろうか、私に執着してた。
私は付き合いなんか、もちろんしたくないが昔から親同士が仲良くて、学校以外で家族がらみで遭遇することも多かった。親の前では良い子のフリ、毒は吐かないA子。
親達は、中学の無視・ハブは思春期の【親友】同士のちょっとしたこじれだと思ってたようだ。
仲が良いゆえだ、と。
【親友】?親から聞いた時は正直言って怖気が走った。

でも卒業したら、遠くに就職してA子と離れられた。
A子は進学。
実は私も、ちょっと進学したかったけど、地元だとA子と離れられないし、A子よりは頭が悪いのは確実なので早めに就職を決めた。
一人暮らしって、いろいろ大変だけどA子の存在が無い生活って素晴らしかった。



44: 名無しさん@おーぷん 2014/08/07(木)19:08:35 ID:RHyfqBsVm
しかし、帰省するとA子がいた。
地元だから、帰省したら会うのは当然っちゃ当然だけど、私の家にいた。
「おかえりー」
って。
私が帰省するタイミングを見て、実家を訪ねたらしく、親にすすめられて泊まっていた。
しかも私の部屋に。
私は、日記とかプライベートなものをのこさないタチで、物にも執着がないので見られて困るようなものはなかったが、それでも部屋には入れたくなかった。
案の定、いろいろと探ってた痕跡はあった。
親に言っても「あらまぁこの子ったら」みたいなリアクションなのは分かってたので、平気なフリをして1日早く切り上げて帰った。

翌年は忙しいこともあり戻らず、翌々年に帰省すると、A子はいなかった。
ホットしてくつろいでると、親がA子について話してきた。別に聞きたくもなかった。
A子、病気なんだと。
それも難病でもう数ヶ月入院してる。

「A子ちゃんアンタには黙っててってA子親には言ってたみたいだけど、A子親も私もアンタには知らせとかなきゃって思って」
そんな事言ってた。
格下の私に弱みを見せたくないんだろう。
なのに親達は、相変わらずオメデタくて、笑える。A子はそんな親を、すごく上手く利用してた。
私は親にありがとって言って。A子をお見舞いに行った。

45: 名無しさん@おーぷん 2014/08/07(木)19:17:45 ID:RHyfqBsVm
病気で痩せて、ほとんど寝たきりのA子。
昔の勝ち気な面影はなかった。

私は病室でそれまでの思い出を一方的に語った。ほぼ、私への嫌がらせの歴史。
A子は私を見ながらほとんど聞いてるだけだった。拍子抜け。ざまあみろって言うつもりだったのに。

しらけて帰ろうとした時、A子が
「また来てくれる?」
って聞いてきた。
「うん」
って答えた。

結局それから、社宅に帰ってから私はずっと帰省せず一度も会わないままA子は死んだ。
お葬式も理由をつけて行かなかった。
何年かして帰省した時にお線香は上げた。 A子母からお礼を言われたが、
「A子は(私が)来てくれるとずっと楽しみにしていた」
と、恨み言にも似た言葉をかけられた。

あの時、「また来てくれる?」って聞かれなかったら、まだまだ言い足りなかったこと、言いに行ったかも知れないけどね。



「私のココロはそう言ってない」