484: おーぷん@名無しさん 2014/04/29(火)19:26:43 ID:uRjP337TR
私の貯金を持ち逃げした婚約者。
お金が必要だったら言ってくれたら…!
と泣き暮らしてると、
「やっぱりお前を忘れられなかった。すまない…お前にあわせる顔なんて無いのに…。」
とご帰還のお知らせ。
急速に冷める。



「アホかテメーあんなロクデナシさっさと忘れろ」
と言ってくれてた友人(女)に相談。
「やっぱロクデナシじゃねーかテメーアホだろ」
と相談前と大差ないお言葉を頂戴しつつ、復縁は無し(当たり前)、貯金取り戻すにはどうするかと作戦を練る。
しかし、アホの私とその友人じゃたいしたアイデアも出ず。
友人の彼はヒョロいし気が弱くて役に立たないので、結局友人と2人で元婚約者を拉致することに。

元婚約者は友人が苦手だが、私が居るので待ち合わせた後はホイホイ家について来る。
家の中で辞書で一殴りし、暴れる元婚約者を2人がかりで拘束。私のタイプが優男でよかった。
そのあとは拷問して金のありかを聞く。
田畑に囲まれた一軒家、ばーちゃんは耳が遠いので周りを気にせずやりたい放題。

しかしどれほどいたぶってもお金は無いと言う。使いきったって。
そりゃそうだ、無くなったから帰ってきたんだろーな…
といまさら悟ったが、友人は
「嘘だ!吐け!」
とドラマみたいなセリフでさらにいたぶる。
でも無いもんはしょうがないのでそのことを友人に言うと、じゃあせめてスッキリするまでいたぶろう、と。
元婚約者gkbr、私はドン引き。

結局、元婚約者は何ヶ所かやけどと打ち身のあざができたほか、解放直前に友人に股間に蹴りをいれられ悶絶。
毎月分割でお金は返すって約束で解放。
返済は一応滞らず、結局元婚約者が借金して全額回収。

最近、友人から
「実は元婚約者から告られた。キモかったからもう一回玉に蹴り入れといた。」
と聞いたので記念カキコ。



自殺する種子―アグロバイオ企業が食を支配する (平凡社新書)