本当にやった復讐 18 より
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1377059954/

(※編注:反訳書…録音した音声を文書化したもの。)

3: 本当にあった怖い名無し 2013/08/21(水) 14:17:10.47 ID:2uFhESvc0
某会社。労働者の人権無視。超絶ブラック会社。いつでも上司の恫喝。それに対して反省の色も無し。

社員達は、家族もいる事だしギリギリまで耐えていた。
しかし、鬱病になる社員続出。
また会社の離職の扱い方が人道に反していた。

ここで下っ端社員全員(そこそこの規模のブラック企業)が労働基準法、労働基準監督署を最初の窓口に行動を起こそうと考え、法務局やら司法書士さんと相談。
改善要求だけでも当時は良かったのだが、社長の耳に俺ら平社員達の計画が伝わった。
社長は社員の前で大激怒、恫喝、暴力、虐待行為(怒鳴る、物を投げる、襟首をつかむ等)

そして、この時社員一同の心は一つになった。
最悪の為にいつでも録音と撮影が各自、常時できる様にしてた。
ソレを持って、弁護士さんに反訳書を作ってもらい
「厚生労働省へ内部告発」
はじめて霞ヶ関の実力を見せつけられた。
会社は数ヶ月の期間を空けて倒産。
社員はそれぞれ別の就職先を見つけておいた。

復讐 完了 !!

みなさんも会社で嫌な事があったら、労働基準監督署は結局何もしてくれない事を理解して、次の就職先を決めたら霞ヶ関に内部告発をする方が良い。
それは社員のカタルシスの為だけでなく、今後日本の社会で新たな犠牲者を出さない為にもやらなきゃならない事だ。



ただ成功のためでなく (ソフトバンク文庫)